【松戸】ソンクラーンって何?? マンゴツリーカフェでタイの旧正月をお祝いしよう!

【松戸】ソンクラーンって何?? マンゴツリーカフェでタイの旧正月をお祝いしよう!

おはこんばんちわ。
まちっと編集部のナタリーです。

一昨年のちょうど今頃、外出自粛生活の中で出会ったタイドラマにずっぷりハマってから早2年。
未だに沼の底におります。
海外旅行できるようになったら行きたい聖地巡礼を夢見ながら、今のところ日々タイ料理を食べては気分だけでも現地を味わっているのです。

そんなタイでは明日4月13日からソンクラーンが始まります!
それに合わせて、マンゴツリーカフェでは明日から17日(日)まで「ソンクラーンフェア」を開催予定とのこと♪

ん? ソンクラーンとは何かって?

そもそも「ソンクラーン」って何?

ソンクラーンとはタイ王国の旧正月、タイの旧歴「チャトランカティ」の新年のことで、現在はタイでも1月1日を正月としていますが、毎年4月13~15日は「ソンクラーン」として祝日に制定されています。
この時期には、昔から仏像や仏塔、年配の家族の手に水をかけてお清めを行う伝統的な風習があり、今では街で水を掛け合う「水掛け祭り」として知られています。

また、タイではこれから乾季の終盤、雨季の直前に当たる「暑季」。
常夏のタイの一年の中でも、もっとも暑い「夏」が来るんですね。
このソンクラーンのタイミングで休暇を取る人も多いようで、我が推しのSNSにもここ数日ビーチリゾートでのバカンスの様子が続々アップされています。
ぐっ…うらやましい…!

本格タイ料理が楽しめるマンゴツリーカフェで、ソンクラーンフェア開催

そんなソンクラーンをお祝いして、タイ・バンコクに本店をもつ「マンゴツリー」の姉妹店で本格タイ料理を日常的に楽しめる「マンゴツリーカフェ」(松戸古ヶ崎)では、4月13日(水)から17日(日)まで、スパークリングワインにカットフルーツを入れた「フルーツスパークリング」を500円(税込)で販売する「ソンクラーンフェア」を開催するそうです!
タイの旧正月をみんなでお祝いしましょう!

【「ソンクラーンフェア」概要】
■フルーツスパークリング 各500円(税込)
(マンゴ / キウイ / スイカ / ミックス)
フルーツの甘みや酸味がスパークリングワインに溶け出してジューシーに、シュワシュワの炭酸でフルーツが爽やかに香る「大人のためのフルーツポンチ」。
・販売期間:4月13日(水)~17日(日)

マンゴツリーカフェとは

ご家族と、お友達と、もちろんお1人でも、カジュアルにタイ料理の人気メニューが楽しめるカフェレストランです。

【タイ・バンコクの「mango tree」】
タイ・バンコクに1994 年に創業し、ロンドン、日本、ドバイ、香港と世界各国に展開するタイ料理レストラン「mango tree」。
「マンゴツリー」は1994年、タイ・バンコクのスリウォン通りの裏手にある100年以上の邸宅を改装して作られたタイ料理レストランで、ロンドンに続き2002年に世界3号店として東京店がオープンし、”Authentic Thai Cuisine”をテーマに、日本の厳選された食材とタイのハーブやスパイス、伝統的な調理法を融合した料理を、洗練された空間とサービスとともにお届けしています。
「マンゴツリー東京」は、タイ国商務省の審査で5つ星にあたると評価されたレストランに与えられる“THAI SELECT Signature”を取得しています。
姉妹店として、タイ伝統の味をカジュアルにご提供するカフェレストラン「マンゴツリーカフェ」(新宿・恵比寿・上野・東京ドームシティ ラクーア・豊洲・北千住・横浜・川崎・大宮・さいたま西大宮・松戸古ヶ崎・大阪・EXPOCITY)、「マンゴツリーカフェ+バー」(高輪)、ご家庭でもタイの伝統料理をお楽しみいただけるテイクアウト専門店「マンゴツリーデリ」(伊勢丹新宿本店)、テイクアウトにイートインスペースをプラスした「マンゴツリーキッチン」(東京駅グランスタ・グランスタ丸の内・東横のれん街・錦糸町テルミナ・横浜ジョイナス・グランフロント大阪・大丸心斎橋店)、フードコート「マンゴツリーキッチンららぽーと横浜」と、「mango tree」の世界は広がり続けています。

バンコクの「mango tree」・店内

バンコクの「mango tree」・店内

バンコクの「mango tree」・外観

バンコクの「mango tree」・外観

マンゴツリーカフェ松戸古ヶ崎

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部ナタリー・ティエン

「まちっと」コンテンツプロデューサー。三度の飯と酒をこよなく愛する、ソロ活の求道者。宝くじが当たったらラム酒の風呂に入りたい。三千世界の酒場を巡り、いつか運命の一杯と相まみえる日が来ることを願ってやまない夢見がちな三十路です。よろしくお願いします。

north