【吹田】アナタの「もったいない」が、誰かを助ける食事になる

【吹田】アナタの「もったいない」が、誰かを助ける食事になる

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
SUITA Colorsのブルーです。

 

年末年始を自宅でゆっくりと過ごしたのですが

その結果は、しっかりと体重に反映されていました(´∀`*)ウフフ

 

数字として突きつけられる確かな現実に加え

ジャストサイズだったスーツも「え、縮んだ!?」と錯覚するほどの違和感。

これはヤバイ…

 

体重を落とすには、まずは食事から!

ということで、食事の見直しをしようと思ったのですが、これまでに買い込んだ食料品の数々。

 

捨てるのはもったいない。でも食べきれない。

 

何か有意義な使い方はないものかと思っていたのですが、

そんなときに知った“フードドライブ”について、本日は紹介したいと思います。

 

SDGsにも繋がる素敵な取組なので、周りの人にもぜひ教えてあげてください!

 

 

吹田市でフードドライブが開催される

フードドライブは、家庭で余っている食べ物を持ち寄って、

それらをまとめて子ども食堂や、福祉団体等に寄附する活動のことで、

最近では、自治体だけではなく、民間施設で実施しているところもあるようです。

 

そんな中、今回は吹田市のフードドライブについて調べてみました。

 

直近で開催される吹田市のフードドライブの日程は、令和4年1月13日(木)~1月27日(木)

持ち込める食品の条件は、「常温保存できる」、「未開封」、「賞味期限が2022.3.31より後」となっています。また、「未開封の生理用品」も対象に含まれています。

 

ロックなキャラが目を引くフードドライブのチラシ

寄附品を持ち込める場所は3か所あり、吹田市役所環境政策室・のびのび子育てプラザ・市民公益活動センターラコルタとなっています。

 

※回収場所によって、回収時間が異なるため詳細は吹田市HPにてご確認ください。

 

食品を通じて伝わる想いもある

寄附された食品は、子ども食堂や、社会福祉協議会に所属する福祉団体に提供されることになります。

 

過去にも何度か開催されているようですが、徐々に寄附される人数や量が増えており、

少しずつ色々な人に知ってもらって、支援の輪が広がっているんでしょうね。

 

食品を捨てるのがもったいないと思う気持ちと、

人を想うワンアクションが、誰かを助ける食事にかわる。

 

たった一つの缶詰が、空腹を満たすだけではなく

社会に、多くの人に支えられているという想いを伝えることもあります。

 

いま、困っている人達のためにできることを一つでも。

私も自宅の食品を整理して参加してみようと思います(*^-^*)

 

 

※本記事に対するコメントの返信は行っておりません。予めご了承ください。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

吹田市の特派員SUITA Colors

吹田市内や市外に向け、吹田市の魅力を発信し、吹田市を好きになってもらおうと日々奮闘しています。今日も新しい吹田市の魅力を発見し、みんなに伝えていきます!!カラフルメンバーが発信します。

north