【北摂】「まちっと北摂」週間人気記事ランキングTOP10!(10/10〜10/16)

【北摂】「まちっと北摂」週間人気記事ランキングTOP10!(10/10〜10/16)

北摂エリア(豊中、箕面、吹田、池田、茨木)のジモトミン・まちのスペシャリスト発、リアルな街ネタニュースサイト「まちっと北摂」で閲覧された、先週の人気記事ランキングTOP10を紹介します。

TOPは10月16日に箕面・西小路地区で開催された「天狗祭り」の記事でした!

また、同じく16日に開催された「TOWN FULL MUSIC TOYONAKA ROCK」の情報等、イベント関連の記事がランクイン。
10月、11月はイベント情報目白押しです。

週末のイベントはまちっと北摂の「イベント」一覧でぜひチェックしてみてくださいね!

【「まちっと北摂」北摂のイベント情報はコチラから!】

「まちっと北摂」の公式SNSでもイベント情報を紹介中です。ぜひこちらもフォロー、チェックしてくださいね!

<「まちっと北摂」Twitter>

<「まちっと北摂」Instagram>
https://www.instagram.com/machitto_hokusetsu/

【箕面】10月16日(日)に箕面で「西小路天狗祭り」が開催されるそうです!(教えたい/教えて)

まちっと北摂の「教えたい/教えて」コーナーに、ニックネーム「31」さんから「10月16日に箕面市で天狗祭りが行われます。」という投稿をいただきました。ありがとうございます!

まちっと編集部さんこう

【吹田】10月9日(日)~10日(祝・月)関西大学千里山キャンパスでフェス ジャルジャル、ゆりやんレトリィバァ、インディアンスらがやってくる!

 関西大学フェスティバルin関西 おかえりなさい、あなたの関大に! 関西大学は、今年、大学昇格から100年を迎えるのだそうです。 創学は今から137年目、1886(明治19)年11月4日、大阪西区京町堀の願宗寺に、法律学校として設立され、そこから37年後、大学に昇格したんですね。 そんな記念の年にふさわしい、イベント「関西大学フェスティバルin関大」が千里山キャンパスで開催されます。 関大出身、関大に子どもが通っている、関大関係者の友人・・・などなど、関西大学にゆかりがある人は、見逃せないイベントです。 ◆10月9日(日) ≪参加対象≫校友とその家族・友人、学生や大学関係者とその家族・友人、近隣住民、一般と、幅広く参加可能。ただし事前申し込みが必要。 【校友 お笑いステージ】会場:悠久の庭/11:00~12:30 ジャルジャル、ゆりやんレトリィバァ、3時のヒロイン、インディアンス、ガクテンソクら、関大出身のお笑い芸人が登場。 ※参加には、すでに申し込み受け付けがスタートしている10 月 9 日分の「フェスティバル in 関西 事前申し込みフォーム」による事前申込に加えて、別途申し込みが必要(先着順)。9月15日(木)から受付開始   【校友 アーティストライヴコンサート】会場:中央体育館/13:00~16:00 矢井田瞳、ココロオークション、草野華代子のライブ。 ※参加には、すでに申し込み受け付けがスタートしている10 月 9 日分の「フェスティバル in 関西 事前申し込みフォーム」による事前申込に加えて、別途申し込みが必要(抽選)。 【関大グルメフェス】会場:図書館裏芝生/11:00~16:00 【大学昇格の歴史を学ぶ】会場:博物館ほか/11:00~ 【まちFUNまつり】会場:中央グラウンドほか体育施設/11:00〜 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆10月10日(祝・月) ≪参加対象≫校友・在学生。ただし事前申し込みが必要。 【大学昇格100年記念 2022年度校友総会】 総会・記念講演・懇親会。 記念講演は、宇宙飛行士の野口聡一さん。「人文社会×宇宙;理工学教育のさきにあるもの」をテーマに講演。 ◆関西大学フェスティバルin関大 申し込みもこちらから https://www.kandai-koyukai.com/fesin_kansai2022/

まちっと編集部バンハル

【豊中】「TOWN FULL MUSIC TOYONAKA ROCK」無料開催!若い世代で音楽で、豊中を元気に!

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。 夏祭りや夏フェスが終わってぬけがらのようにしょんぼりしていたら、 なんと、豊島公園で無料の音楽フェスが開催されるですと!? なんだか、まだまだ熱い季節は終わりそうにないですよー!(う、うれしい…涙) アーティストライブ、キッチンカーなどお祭りムード満載! 豊中の豊島公園多目的広場で開催されるのは 「TOWN FULL MUSIC TOYONAKA ROCK」 前回、2019年の秋に服部緑地の野外音楽堂で開催されていた音楽イベントが、 場所を移して、しかも無料になって、2022年に10月16日(日)に再登場! 豊中出身のアーティストライブを中心に、 消防車や警察車両などの展示、 学生や一般団体による出店エリア、キッチンカーなど、大人も子どもも楽しめる企画が盛りだくさんなんです。 当日は、“こども向けナゾときゲーム”も行われるというから ファミリーでもワクワクできそうですね! 若い世代で豊中を元気に! 今回、同イベントを企画した、 豊中青年会議所の笹部さんに見どころをお聞きしました!   「何といっても地元豊中出身のアーティストによるフリーライブです! act HEY-SMITH、アルコサイト、odd five、Bye-Bye-Handの方程式が“地元のためならと”出演してくれます。 ライブ以外にも、ブース出店、消防団や警察署の協力による防災ブースなども設置します。 我々若い世代が豊中を元気に!という思いで企画しました。事前登録制ではありますが、ライブは無料です。 是非とも多くの方々にご参加いただき、みんなで盛り上がりたいと思っています」   夏の豊中まつりも大盛況でしたが、 また同じ場所で、地元アーティストによる大きなイベントが開催されるのは、地域の人にとってパワーになりそう。 同イベントの成功とともに、来年も再来年もずっと続くように願っています!

まちっと編集部りんご

【箕面】文武両道!“みのだん”こと箕面高校ダンス部顧問の高木先生を直撃してみた!

【箕面】今日、10チャンネル、読売テレビ「かんさい情報ネットten.」で箕面高校ダンス部の活動が紹介予定! こちらの記事でお伝えした「箕面高校ダンス部」。4月29日(祝・金)には「番組スペシャル放送 特別企画枠」として45分間放送されるそうなのですが、コロナ禍でありながら、昨年の夏の大会では引退後の3年生が優勝をつかみ取り、今年の大会でも活躍が期待されています。 近年の成績を拝見すると…高校ダンス部4大コンテストを制覇している! 【高校ダンス部 4大 コンテスト】= 全国優勝 合計14回 獲得 ①⽇本⾼校ダンス部選⼿権ダンススタジアム(ダンスタ) 【全国優勝6回 準優勝2回】※大会史上最多 ②⾼校ストリートダンス選⼿権 全国決勝⼤会(ストダン) 【全国優勝3回 準優勝1回】※大会史上最多 ③全⽇本⾼等学校チームダンス選⼿権 決勝⼤会(チムダン) 【全国優勝4回 準優勝3回】 ④HIGH SCHOOL DANCE COMPETITION(ハイダン) 【全国優勝1回】 【高校生ダンサー 国内最高峰コンテスト】 DANCE ATTACK!! OSAKA ⾼校⽣の部(アタック) 【第5位 入賞】※高校ダンス部史上最高位 ※箕面高校HPから引用 府立の進学校ながらダンス部の強豪校へと成長した箕面高校。顧問の先生は、長く同じ方が担当され、しかも教職員のリーダーでもある“首席”職。どのような方か興味が湧き、ご連絡をしたら快く取材を引き受けてくださるとのこと。善は急げとすぐにお伺いしました。 最初に指導した1年生が翌年全国優勝!? 箕面高校ダンス部、通称“みのだん”の顧問を務められている、高木克彰先生。創部から26年と聞いていたので、イメージしていた雰囲気より、随分お若く、物腰柔らかそう。 聞けば、先生ご自身が今のダンス部を受け持つようになったのは約12年前。当時は今のように活発な雰囲気ではなく、生活指導が必要な部分が多分にあったそう。しかも、高木先生は、当時は23歳~24歳の若手講師。いきなり“顧問です!”と現れたところで、すぐには受け入れられず。1年生のみを指導させてもらったところ、翌年いきなり全国大会優勝!翌年、翌々年と3連覇を果たしたのです。 学校や地域・保護者にも応援してもらえる姿勢を そこまで生徒に情熱を注ぐ背景には、「生活指導につなげたい」という思いが。「もちろん、せっかく部活に取り組むのであれば、一番上を目指してサポートしてあげるのがベストですよね。ただ、先生だけではなく、学校や地域の方、保護者の方の応援も必要です。身だしなみ、礼儀、挨拶などどのようにすればいいか話し合いました。ダンスが日本一だけではだめ。“日本一の礼儀”も備えようと」。結果だけではなく、取り組む姿勢からテコ入れしたのです。 「部活を応援してもらうには、授業をちゃんと受け、テスト結果もしっかり残すこと。学業を優先し、模範生徒でなければならないと伝えています。私からではなく、部長や副部長が部員にしっかりと伝えていますので、部員は学業と部活の両輪を上手く動かしてくれていると思います」とダンス部は“文武両道”であると高木先生。フィジカルトレーニングも多いので、意外と華やかさがなく、びっくりされますとも笑います。 気になる指導方法ですが「何もしていません」(高木先生)・・・「え?」。いやいやまた~と思ったのですが、現在は首席という立場で、指導をする時間がないそう。生徒とも話し合いを重ね、高木先生が顧問として就けるように、先生とコンタクトを取るときは、部長・副部長から先生に依頼に来るスタイルなのだそう。 「顧問になった当初は、毎日スパルタに練習して、私が振り付けも考えて。でも何年か前からは平日はほぼ見ることができないので生徒が全て考えて、大会前に手直しがあれば指導して、足りていなければ技術指導。ほとんど生徒たちで作品を作り上げています」。 部活スペースは校内どこでも!まさにストリート せっかくなので、練習の様子を見に行かせていただきたいと、教室から移動したのですが、なんと練習場所は渡り廊下。ダンスはどこででも練習できるので、空いている場所が部活のスペースになります。 この日は大会前ということもあって、卒業生が指導に来ていました!先生と生徒が直接話すことはなかなかないそうなのですが、こうやって、卒業生が先生に会いに来てくれたり、部員に指導してくれることは多々あるそう。縦のつながりが長く続くのも高木先生の存在が大きそうです。 今年の自主公演は5月4日(祝・水) 毎年5月に行われている自主公演は、3年生を中心に十数部署に分かれ、プレゼン資料作成やスポンサー集め、タイムスケジュール、ゲスト手配、警備、会計などなど、全て生徒たちが段取り。このような形になったのは、本業が多忙になり、高木先生1人で行っていた公演の準備ができなくなったため。公演を継続するために生徒と話し合った結果、「自分たちが動きたい!任せてください!」と頼もしい声が上がりました。「負荷はありますが、自分たちで考え公演を成功させる。生徒たちにはやり通す力が身に付きます。大学や社会に自身を持って送り出せる生徒たちですね」と高木先生は胸をはります。 今年の自主公演は5月4日(祝・水)。生徒たちのパフォーマンスはもちろん、手作りの公演がどのように成功するのか、見届けてあげたいですね。

まちっと編集部りんご

【北摂】ジモトミン・編集部がオススメ「古民家でランチ」11選(箕面・豊中・吹田・茨木・池田)

ゆったりとした時間が流れる、おもむきがありおしゃれな古民家でいただくランチは、気持ちも落ちついてより味わい深いものに。 ニューオープンの人気店から、穴場まで。北摂の箕面・豊中・吹田・茨木・池田エリアのジモトミンと編集部がオススメする、古民家でランチをいただけるカフェ、レストランを11店をご紹介します。 緑あふれる庭園、レトロな雰囲気を残しながらリノベーションされ、より過ごしやすくなっている店内といった特徴はもちろん、提供されるメニューも和食からカフェ飯、ラーメンまで多種多様です。 喧騒を忘れ居心地のよさを感じられる、とっておきのクラシック空間とランチをぜひ楽しんでくださいね! ※内容は取材時のものです。現在のメニュー・料金、営業時間については直接お店に確認してください

まちっと北摂編集部

【箕面】古民家カフェ「十八代笹川」が8月22日(月)オープン!地域の“サードプレイス”に

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。 箕面の北東に位置する粟生間谷エリアに、 100年以上続く古民家をリノベーションしたカフェレストラン「十八代笹川」が、8月22日(月)にオープンします! 「教えたい/教えて」にもニックネーム・コウさんから「8/22箕面市粟生間谷東にスパイスカレーがいただけるカフェがオープンするようです」と情報のご提供がありました(ありがとうございます!)。 大きな屋敷の工事なので、「何ができるのかな?」と気になっていた地元の人も多いはず。 今回、オープン前に来店できる機会があり、一足先にお邪魔しました。 新旧が共存する新しい“古民家カフェ” 立派な庭を通って店舗の入り口へ。 そっと引き戸をあけると、中には、少し意外な空間が広がっていました。 土間の広さや天井の高さなど、古民家の特徴的な要素がそのまま生かされた、かなりシンプルな内装。 特に、奥のテーブル席は、丸太の梁や土壁、左官の下地の竹小舞がむき出しのまま。 古民家の特徴が随所で見られ、まるで展示されている古民家の中でくつろいでいるような、不思議な感覚になります。 新旧が上手く共存した古民家カフェ。建物は古いのに、古民家カフェとしてはなんだか新しさを感じます! スペシャルティコーヒー&スパイスカレーを そんな十八代笹川でいただけるのは、スペシャルティコーヒーとスパイスカレー。 どちらもオーナーの好きなもので、こだわりもつまっています。 カレーは「スパイスカレー」と「欧風カレー」の2種類のルーがあり、 今回は2種類が味わえる“2種あいがけ”をチョイス。 スパイスカレーはしっかりと風味があり、大人向けのスパイシーさ。 欧風カレーは辛味が抑えられていて、あぶらっこさなし。どちらのルーもサラっとしていて、するするといただけました。 スペシャルティコーヒーは、オーナーが時間をかけて探した3つのロースターの焙煎豆を使用。 豆の状態を見ながら、バリスタが納得の1杯を提供してくれますよ。 奥のカウンター席からは、庭の緑が眺められ、居心地はバツグン。 シンプルで余計なものがないからか、ただただ時間を忘れてゆっくりと過ごせました。 地域のサードプレイスとしても 実は店舗入ってすぐ右手には、何も手をつけていない、そのまま残された和室がありました。 実はこちらの建物は、笹川家が代々住んできたご自宅。 “18代目”であるオーナーも幼い頃に何年か住んでいたことあったそうです。 誰も住むことがなくなってからは、そのまま朽ちていく状態を見ているだけでした。 「解体ではなく、この立派な建物を生かす方法」を考えたときに、人が集まれるカフェへの再生へと動きだしたのです。 そして、「地域の人たちのサードプレイスに」との強い思いもあり、広い2間続きの和室はそのままに、 今後、ワークショップや集会所、子どもたちの習い事など、 みんなが集まれる場所として活用していく予定だそうです。   涼しくなれば、いずれ庭園部分にテラス席も検討中。店内にも物販スペースができるかも? 懐かしい雰囲気にほっと落ち着くけれど、訪れるたびに新しい変化が感じられる「十八代笹川」。 これはもう、行くしかないですね!

まちっと編集部りんご

【豊中】プレミアム率50%!プレミアム付家計応援券の申し込みが始まります

豊中市で、高齢者世帯(65歳以上)と子育て世帯(18歳以下)が購入できる、プレミアム付家計応援券の販売が開始されるそうです。 ※10月3日からは、全市民を対象にしたプレミアム付き家計応援券(デジタル版)の申し込みも開始しています。詳しくはこちらもあわせてご覧ください。▼ 【豊中】全市民対象!プレミアム率40%のプレミアム付家計応援券(デジタル版)の申し込み実施中です

まちっと編集部さんこう

【吹田】「万博夜空がアートになる日2022」いよいよチケットの一般発売は10月1日(土)から!

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。 先日、ジモトミンのMIKAさんも紹介していた 万博記念公園で初めて開催される花火ミュージカル「万博夜空がアートになる日2022」。 いよいよチケットの一般発売がスタート!   どのようなイベント内容なのか? 同プロジェクトのネーミングを担当した方にお話しを聞きました! ★MIKAさんの記事↓ 【吹田】大注目のイベント!万博花火プロジェクト『万博夜空がアートになる日2022』万博で初の花火大会開催! 音楽と完全にシンクロする花火ショーを至近距離で 11月26日(土)午後6時30分から 万博記念公園東の広場で開催される、 万博花火プロジェクト「万博夜空がアートになる日2022」。   同公園では初となる花火大会。関西を代表する花火師たちがチームとなって演出を担当し、 音楽と完全にシンクロするミュージカル風の花火ショーを繰り広げます。 「この日この時間、万博の夜空がアートになります。 コロナでふさぎがちになっていた気持ちが明るくなり、 明日への力になればうれしい」と、同プロジェクトのネーミングを担当した佐賀健太郎さん。 直径約130mの花火玉など、大迫力の花火を至近距離から堪能して。

まちっと編集部りんご

【箕面】お得な堂島ロールのはしっこをやっと買えた!モンシェール ファクトリー ショップ

みなさんは、「堂島ロール」で知られる大阪の名店「パティスリーモンシェール」の工場「モンシェール ファクトリー ショップ」が箕面にあるのはご存じですか? 私が初めて知ったのは、約7年前。たまたま目にしたネット記事に、堂島ロールがお得に買えると書かれていて「絶対に行く!」と決心。ただ、その頃から育児や仕事でバタバタ。パパがたまにお土産で買ってきてくれる「堂島ロール」をいただくたびに、「箕面の店行きたいな…」と思い出すくらいになっていました。 1日2回販売、数量限定で早いもの勝ち! 茨木にお出かけした帰り道。たまたま通った「モンシェール ファクトリー ショップ」の前がすんごい行列。目にするとダメですね、うらやましくなって(笑)。翌週の朝、思い切って車を走らせました。 堂島ロールの切れはし「はしっこロール」が販売されるのは、午前10時からと午後4時30分からの1日2回。私は平日の9時30分に訪れたのですが、前から4番目でした。開店時間が近づくにつれ、人が次々に訪れ、開店時には20人くらいになっていました。 はしっこロールは数量限定。1箱400円! 見た目を整えるために、はしっこを切り落としただけなので、もちろん味は全く同じで美味。 前の人たちが2箱ずつ購入されていたので、お店の方に「1人2箱ずつですか?」と尋ねたら、「いいえ、大丈夫ですよ」とニッコリ。ほんとは5箱くらい買いたかったのですが、列のことを思い出して、プレーンを2箱、フルーツを1箱いただきました。 はしっこ感ゼロ!食べ応え満点 待ちきれず、帰ってすぐにオープン♪ 当たり前なのですが、間違いなく「堂島ロール」♡ “はしっこ”と聞いていたので、どんくらいペラペラなのかな?と思っていたら、全然!! 十分です。 子どももパパも私も大好きなので、3箱はその日のうちになくなり、次の日の喪失感といったら。もっと買えばよかった。思い出したら、また食べたくなったので、近いうちに行ってきます。

ジモトミンひまわり

【豊中】「イオンタウン豊中庄内」がいよいよ姿を現した!

キラメキノトリ名神豊中インター店に行く途中。 「イオンできてる!」と車から見えた景色に驚き!! 国道176号からスーパーオートバックスに向かう日出町交差点。 イオンモールかと思っていたら2階建て。あれ、低い? こちらは、イオンタウンなんですね。冷静に妻に指摘されました。 しかし、知らなかったのですが、まちっと北摂でパピコ親子さんが詳しく紹介されていました。 ↓ 【豊中】この冬、イオンタウンが新しく庄内西町にオープンするらしい! テナントは?オープン日は? テナントなどは発表されているのでしょうか? パピコ親子さんの記事に「詳しい内容は夏に」と書かれていたので調べてみたら、 まだ発表されていないようです。遅れているのかもしれませんね。オープンは変わらず冬のままでした。 一車線でいつも混み合っている道路も二車線になる模様。 我が家からは一番近いイオンタウンになるので、オープンしたら行ってみたいと思います。

ジモトミンパイナップル

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと北摂編集部

「まちっと北摂」編集部です。とっておきの北摂情報、編集部からのお知らせを発信していきます!

north