【東葛】おうちDE遊ぼ!~誕生日やクリスマスにも!謎解き宝探し~

みなさん、こんにちは。ジモトミンの村島由夏です。
コロナ禍で、なかなか外に出かけて遊ぶことが難しいご家庭もあると思います。
そこで、おうちでできるちょっとした遊びを紹介したいと思います。
今回は、誕生日やクリスマスなどにプレゼントを一手間かけて渡す、ちょっと手の込んだ宝探しゲームを紹介します。

~謎解き宝探しゲームとは??~

クイズや指令ミッションをこなしていき、最後にプレゼントが待っている!!という演出です。

例えば、まず玄関の目につくところに手紙を置いておきます。
その内容は、「戸棚を見てください。」
戸棚を見たらまた手紙が。内容は「テーブルの下を見てください。」…などと続いていきます

私はパートナーと二人暮らしなのですが、毎年彼の誕生日が近くなると、誰もいない日を見計らって、プレゼントと手紙、謎を書いたメモやアイテムを家中に隠して、彼が帰宅した後、挑戦状を渡して宝探しをしてもらっています。
意外と喜んでくれるので、毎年考えるのが楽しみだったりします笑

早速、準備の流れを説明しますね。

① ゴールを決める

② スタートの設定

③ 中間のミッションやクイズの設定

④ 正しくセットできたか確認

ポイントは、「あまりステップを多くしすぎない事」。
3~4STEPくらいが丁度いいと思います。

~宝探しの作り方は、まず「ゴールから決める」のがオススメ~

プレゼントを隠す場所のポイントとしては、
指示されればアクセスできて、かつプレゼントを隠せれる場所です。
 例:車のトランク、押入れや棚、テレビの後ろ、枕の下など
「視界に入っているけれども、こんな所に!」だと、さらにサプライズ度アップです。

~スタートは、自発的か誘発的か?~

プレゼントを隠すゴールが決まれば、次はスタートの設定です。
大きく2パターンを紹介します。

A.サプライズをしたい相手が、必ず開けるところや、行動するところに手紙やメモを仕掛ける。
例:郵便受け、玄関、廊下、TV画面、冷蔵庫やいつも開ける棚など。

もしくは、

B.メールやLINE。電話などで指示する。
例:クツ箱を開けてみてね。枕の下をチェックしてみてね。



●スタート ←②スタートの設定

ミッションやクイズ。次の場所

ミッションやクイズ。次の場所

ミッションやクイズ。次の場所

●ゴール ←①ゴールから設定すると作りやすい

~楽しい中間ミッションや謎解きクイズ~

ゴールとスタートが決まれば、中間のミッションやクイズのメモを作っていくだけです。
ここの過程が、作る方も楽しいです!!

遊びゴコロや想い出などを辿ると、よりGoodですよ♪

ここでのポイントは、隠す遊びゴコロと、ほどよい難易度。
例:
・○○のお気に入りの服のポッケを見てみてね。

・初めてふたりで買ったものはなーんだ?

・0・2・6・言い換えると…(お風呂)



ここで、思い出の出来事やプチプレゼントなどを入れると、よりワクワク感がUPし、過程も楽しめます♪

あまり多すぎても疲れてしまいますし、プレゼントへの期待度が大きくなります。

また、小さなお子様には、簡単なナゾナゾクイズを入れても◎。
答えが家の中のどこかになる問題のリンクを貼っておきます。

実際に仕掛けた謎のメモ

実際に仕掛けた謎のメモ

~謎解き宝探し直前に気を付けること~

最後に、メモの中味が次のポイントを指すように、各ポイントにメモをセットします。
例:
スタート時に渡すメモ「大きな口で手紙を食べるのなぁに?」(答え:郵便受け)
 ↓
郵便受けの中のメモ「羽があるけど飛べない『き』ってなぁに?」(答え:扇風機)
 ↓
扇風機の下のメモ「大きな動物が中ですずんでいるのはどこかな?」(答え:冷蔵庫)
 ↓
冷蔵庫の中(ゴール):プレゼント(宝)が入っている

※セット完了後は、正しくセットできているか必ず確認しましょう。間違えていたら興ざめです。スタートからゴールまで、さがす人の立場になって順番にメモを確認していきましょう。

~宝探しスタート後の対応~

探す人がなかなか答えられなかったり、メモが見つからなくて焦ったりしているようなときには、隠した人がタイミングよくヒントを出してあげましょう。ヒントは視線、音、ジェスチャー(電子レンジの「チン」、お風呂がわいたときのサウンド、歯をみがくしぐさなど)で出すこともできます。テンポよく進めることが楽しく遊ぶコツです。
(特に小さい子には、考えるのって楽しいな、当たるとうれしいな、またやりたいなという気持ちになるように、楽しいヒントを出してあげたり、励ましの声をかけたりしてあげるといいですね。)

探す人、隠す人を交替すれば創意工夫が深まります。
時にはお子様が「隠す側」に回って、パパ(ママ)へのサプライズプレゼントをママ(パパ)や兄弟姉妹と一緒に考え一時秘密を共有することで、「探す側」とは違ったわくわくドキドキが。
受動的な体験から主体的な体験に進化します。
「謎解き宝さがし」を通して、楽しく遊びながら考える力、行動する力、伝える力を育み、成功体験、達成感を得られますように!!

~おまけ~

一番上の画像にあるのは、私が実際にパートナーにプレゼントしたお菓子です。
一見すると普通のお菓子とコーラのように見えますが、ちょっとした仕掛けを施してあります。
近いうちに、その仕掛けについて種明かししたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミン村島由夏

生まれも育ちも出会いも住処も千葉県松戸市出身の松戸ラヴァー。実際に見て、行って、体験して、良いなあ!誰かにおすすめしたいな!というお気に入りスポットやお店、イベントなどを中心に記事を書こうと思います。

north