【野田】あのドラマの撮影場所にもなってた何故か懐かしい場所

【野田】あのドラマの撮影場所にもなってた何故か懐かしい場所

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

日本テレビ2020年夏の水曜ドラマ「私たちはどうかしている」の主人公(横浜流星)の実家、高月家の撮影はここ野田市市民会館(旧茂木佐平治邸)だったそう。

なぜか懐かしい、安心する場所

大正13年頃に建てられた野田の醤油醸造家である茂木佐平治氏の邸宅で現在は市民会館として開館されています。

めちゃくちゃ広いお屋敷はお庭も立派で、主人室、書斎、応接室…数えきれないほどの部屋。

こんな立派な家にはもちろん住んだことはないけれど、至るところで懐かしい気持ちになります。

畳廊下と面の大きいガラス戸

畳廊下と面の大きいガラス戸

庭園

庭園

バスタブとシャワー

バスタブとシャワー

和室は借りることができる!

和室は貸部屋として、貸出されています。会合や勉強会などに使えるそう。

お部屋により料金が異なるので、チェックしてみてください。

数々のロケ地に。

過去には将棋タイトル戦の対局が行われたり、CMやドラマのロケ地域にもなっているそう。

入館のみなら無料なので、日々を忘れてノスタルジックに浸るのも良さそうです。

野田市市民会館(旧茂木佐平治邸)

  • 【所在地】
    野田市野田370‐8
    【アクセス】
    東武野田線(東武アーバンパークライン)「野田市」駅下車徒歩約8分
    【開館時間】 
    9時から17時まで
    【見学料】
    無料
    【休館日】
    火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
    【問い合わせ】
    市民会館 電話:04-7124-6851(注:郷土博物館と共有)

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部ミクロ

まちっと編集部のミクロです。148㎝、小学6年生女子くらいの身長しかなく知らぬ間に大人になってからは他人とできるだけ目線を合わせるために顎を上げて歩く癖がついてしまいました。おかげで首肩がバキバキの日々。ここでは、見上げなくても楽しめる柏エリアの世界をお届けします。

north