【松戸・八柱】カウムディコーヒー、癒しのケークサレ

【松戸・八柱】カウムディコーヒー、癒しのケークサレ

おはこんばんちわ。
まちっと編集部のナタリーです。

ダニエル・パウターの「Bad Day」がやたらめったら流行って日本中で流れていたのはいつ頃のことでしたでしょうか。
(今ちょっと調べたらもう16年前の曲なんですね。)
(え…ついこの間だと思ってたのに…時間の流れがリニアモーターカー…)

原因は分からないんだけどなんだか何をやっても上手くいかない。
大失敗はないんだけど、小さなミスが重なってイライラする。
ひとつひとつの動作のタイミングが合わず、歯車がかみ合わない。
誰しもそんな日が月に一度はあるものです。

日本の巷で言うところの「今日は日が悪いわ」は、ネイティブ英語では、
”It's not my day."
と言います。

今日は私の日じゃない。
今日の主役はたぶん別の誰か。私は地味に脇役に徹する日。

そんな風に割り切れたらいいのですが、そういう日はそもそも気持ちにも余裕がないので、気持ちも上手いこと切り替えられないもの。
だから、胃袋に物理的なご褒美をぶち込んで、脇役を頑張る自分を褒めてあげるのです。

曜日によってオープンするお店が替わる「One Table」

まずは今回お邪魔したお店について。

JR武蔵野線新八柱駅・新京成線八柱駅から徒歩4分ほど、さくら通り沿いにあるカフェ「One Table」は、ちょっと不思議なお店です。
昨日と今日で、入っているお店が違うのです。

地元・八柱に事務所を構えるomusubi不動産さんが運営されているこのカフェは、曜日によって日替わりで別々のお店が営業をする形態をとっています。

お客さん側としては、お目当てのお店へ行くには予め予定を調整する必要がある一方で、週に何度行ってもその都度違うお店が楽しめる。
お店側としては、自分のお店をやってみたいけれどいきなり店舗や設備を揃えるのはハイリスク、本業は別にあるけれどトライアルも兼ねてまずは週一から飲食業を始めたい、という方への出店のハードルが下がる。

双方にとって、とってもハッピーなシステムですよね。

夕方には優しい明かりが灯るOne Table。アンティーク調のインテリアがあたたかみを醸します。

夕方には優しい明かりが灯るOne Table。アンティーク調のインテリアがあたたかみを醸します。

自家製ケークサレの優しいおいしさが沁みるんですわ

冒頭のBad Dayの話に戻ります。
とにかくその日は私にとって完全に”not my day”でした。

朝の支度中に仕事の電話が立て続けにかかってくる。
指のささくれが裂けて流血し、おニューのセーターを汚す。
電車が来ない。来たと思ったら途中で止まる。
午後は晴れるっていうから傘を置いて出てきたのに、急に土砂降りに遭う。

可哀想な脇役に徹しながらも、早く今日という日を強制終了したい。
そんなボロボロで濁りきった精神を引きずりながら、それでもどうしても行きたかったのが、「kaumudi coffee(カウムディコーヒー)」さんでした。

One Tableにて木曜・金曜の日中(10:00~18:00)しかオープンしないこちらのカフェ。
半べそをかきながら辿り着いたのはもう夕方といって差し支えないような、外もやや薄暗くなり始めた時間帯だったのですが、なんとまだランチメニューをご提供いただけるとのこと。
朝からの不運オンパレードで昼食もままならず腹ペコの極みだった私にはまるで天使のラッパのようでした。(終末という意味ではないです、念のため。)

そこでいただいたのが、ケークサレ。
ケークサレとは、フランス生まれの甘くないシフォンケーキのようなもの。
中に野菜やお肉類などの総菜が練り込まれたお惣菜です。
今回私がいただいたのは、玉ねぎとソーセージの入ったケークサレでした。

これが! もう! 9割9分が優しさでできてんの!? というおいしさ!

ふわっふわの生地には練り込まれた具材のうま味が沁み込み、口の中でじゅわっと風味が広がります。
しっかりとした質量で満足感も高いのに、舌の上でほどけるような食感。

い、癒されてまうやろ~~~~~!!!!(泣)

もはやこれは食べるタイプのセラピー。
心の塗り薬。

付け合わせのスープ、サラダとキャロットラペも、どれもが主役として成立するおいしさ。
このランチプレートには脇役などいないのです。(号泣)

それぞれの持ち場でそれぞれの役目を地道に全うすべし。
そうすれば道はおのずと拓けるのですよ。と。
ケークサレの神様(って誰?)が私の耳元でそう囁くのでした。(爆泣)

カウムディコーヒーさんでは、テイクアウト行っています。
コーヒーについてはおうちで楽しめるドリップの販売もあり。
さっそく3個パックを購入し、自宅で味わっております。。

時期によって変わるメニューや最新の営業情報については、公式のInstagramをチェックしていてくださいね。

今日の現場からは以上です!

優しさの塊と書いてケークサレと読む。

優しさの塊と書いてケークサレと読む。

コーヒーはドリップのものも販売してます! スイーツと併せておうちでも楽しめるのは嬉しいですね。

コーヒーはドリップのものも販売してます! スイーツと併せておうちでも楽しめるのは嬉しいですね。

One Table

  • 〒270-2265
    千葉県松戸市常盤平陣屋前1-13

    JR武蔵野線新八柱駅・新京成電鉄八柱駅 徒歩4分

    千葉県松戸市さくら通り沿いにある、曜日代わりの店主が営業するカフェ。
    地元の有志である三者によってつくられたお店で、フードユニット「Teshigoto」が食をプロデュース、店舗をディレクションし、大畠稜司建築設計事務所が店舗空間を設計デザインして作られました。現在は、omusubi不動産が運営しています。

kaumudi coffee カウムディコーヒー

  • 毎週木曜日と金曜日10:00-18:00、One Tableにてオープン。
    自家焙煎の深煎りコーヒー、コーヒーに合う自家製ケーキなど。
    コーヒーと焼き菓子はテイクアウトもできます。
    詳細・最新情報は公式Instagramにて。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部ナタリー・ティエン

「まちっと」コンテンツプロデューサー。三度の飯と酒をこよなく愛する、ソロ活の求道者。宝くじが当たったらラム酒の風呂に入りたい。三千世界の酒場を巡り、いつか運命の一杯と相まみえる日が来ることを願ってやまない夢見がちな三十路。ジェット・リーとアートが好きという乙女な一面でギャップ萌えを狙っています。よろしくお願いします。

north