【北摂】2月4日~2月10日開催のイベント・おすすめスポット情報「今週 どこいく?」

【北摂】2月4日~2月10日開催のイベント・おすすめスポット情報「今週 どこいく?」

「まちっと北摂」内でジモトミン・まちのスペシャリスト・編集部が紹介した

2023年2月4日(土)~2023年2月10日(金)に北摂エリア(豊中・箕面・吹田・池田・茨木)で開催・開催中・開催予定のイベント情報、オススメのスポット情報をまとめてご紹介します。

吹田の人気ファーム「平野ファーム」では吹田の名産「吹田くわい」にまつわるイベントが!

豊中ではディープな名店を一挙に楽しむバルイベントも。

※イベント内容、申し込み、開催ルール等の詳細は各記事ならびに各イベント・各社のホームページ/SNSをご覧ください
※来場・来店の際はコロナウイルス感染症対策等の注意を払いお楽しみください
※イベント内容、メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです

★イベント情報・まちっと北摂のオススメ情報は、メールマガジン、LINEでも配信中です。
ぜひ登録してくださいね。

【「まちっと北摂」メルマガ会員登録はコチラ→】

【「まちっと北摂」LINEお友達登録はコチラ→】

【豊中】“ディープな名店”が集結する三角地帯「サンカッ区」で「サンタックバル」2月4日(土)開催!

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。阪急豊中駅の南改札口から降り立って少し南東側へ進むと、阪急の線路沿いと国道176号線沿いとの間に「サンカッ区」というエリアがあるのをご存じですか?和食・洋食・中華・喫茶店・食堂・BARなど豊中のディープな名店が集結している三角地帯なんです。地元の人たちが「豊中を盛り上げていこう!」と、5年ほど前に「サンカッ区」と名付け、飲食店同士が協力し合って、さまざまなイベントを企画・開催しているそうです。そのサンカッ区の魅力ある飲食店をハシゴできるイベント「サンタックバル」が2月4日(土)に開催されます!行きたいお店を三択(サンタック)して楽しもう!お得な前売りチケットは1月31日(火)まで販売中イベントの特設ページを見てみると、「サンタックバル」は、3枚で1セットのバルチケットを購入し、行ってみたいお店を三択(サンタック)して楽しめるみたいです。「サンタック」とはそういう意味だったんですね。おもしろい~!参加店舗はサンカッ区にある14店舗。魚や肉が味わえるお店から、洋食屋、隠れ家バー、微魔女ママ(⁉)のいるビアカフェなどどれも入ってみたくなるお店ばかり。お昼からオープンしているお店も!▼参加店舗一覧はこちら。 当日チケットは3枚1セットで3,500円(税込)、レンタルスペース「amayadori」(豊中市本町1-2-18)にて購入できます。販売時間は午前11時~午後9時。規定枚数に達した時点で販売終了となるので、早めの購入がよさそうです。1枚1,200円でバラ売りもしているそうです!お得な前売りチケットは3枚1セットで3,000円(税込)、各参加店舗にて販売中です。1月31日(火)までの販売で、なくなり次第終了とのこと。500円もお得になるので、参加したい人はぜひお早めに! 残ったチケットは「あとバル」で使える! 楽しくてつい長居してしまいチケットが余ってしまった・・・!なんてことはバルイベントあるあるですよね。でも「サンタックバル」では心配無用!当日使いきれなかったチケットは、「あとバル」参加店マークのあるお店で、1,000円の金券として使用できるそうです。それは嬉しい~♪「あとバル」期間は2月5日(日)~11日(土)。これでどのお店でも、心おきなく楽しめますね。 生演奏ライブを聴きながら味わえるお店も 「店内ライブ」のマークがついているお店では、生演奏のライブが聴けるみたいです。おいしいご飯とおいしいお酒、おもしろい人たちに、生演奏まで!これは「チケット3枚じゃ足りなーい!!」となりそうです。「サンカッ区」のディープな魅力にハマってしまいそうな「サンタックバル」。この機会にぜひ、お気に入りの一軒を見つけてみてください!※ライブスケジュールは参加店舗まで。▼「サンカッ区」のインスタグラムはこちら! この投稿をInstagramで見る  豊中サンカッ区盛り上げ隊(@sankakk_tynk_official)がシェアした投稿

まちっと編集部だんだん

【吹田】吹田くわいにふれてみよう!2月5日(日)平野ファームで「吹田くわいふるさとまつり」開催

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。吹田市の名産「吹田くわい」、聞いたことはあるけど、実際に見たり、食べたりしたことはないという人も多いのではないでしょうか。吹田市イメージキャラクター「すいたん」のモチーフにもなっている「吹田くわい」を“みて、ふれて、味わう”イベント「吹田くわいふるさとまつり」が2月5日(日)に平野ファームで開催されます! 吹田くわいを使ったメニューを販売!先着で吹田くわい餅入りのふるさと汁のふるまいも今回が初開催となる「吹田くわいふるさとまつり」では、吹田くわいをもっとたくさんの人に知ってもらえるよう吹田くわいについてより深く知られるパネルの展示や、吹田くわいを使ったパン、餃子、ハンバーガー、クラフトコーラなどを販売するお店が出店します。先着で50人に、吹田くわい餅が入ったふるさと汁のふるまいもあるみたいです!吹田くわいを実際に見て、味わうことで、地元の伝統野菜をより身近に感じられそうですね。そのほか、「すいたん」と農園で記念撮影会、音楽隊の演奏、伝統舞踏の披露などいろいろな催しもあるみたいなので、お子さん連れでも楽しめそうです♪ 吹田くわいを育てている平野ファームは吹田市江坂にあり、地下鉄御堂筋線「江坂駅」から徒歩約10分。開催時間は午前10時~午後3時。参加無料なので、ふらっと気軽に足を運べますね。この機会にぜひ、「吹田くわい」にふれて、味わってみてください!▼平野ファームのインスタグラムでイベント情報がアップされています! この投稿をInstagramで見る  平野ファーム(@hirano.farm_suita)がシェアした投稿

まちっと編集部だんだん

【吹田】楽しく環境について考える♪「すいた環境教育フェスタ 2023」2月5日開催!

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。環境について楽しみながら考えるイベントが、2月5日(日)午前10時30分~午後3時30分に吹田市文化会館(メイシアター)・いずみの園公園(メイシアター隣接公園)で開催されますよ!リユースおもちゃ広場など楽しそう! 開催されるのは、「すいた環境教育フェスタ 2023」。事前に市民の方から回収したプラスチック製の電車のおもちゃとレールを広場いっぱいに広げて、子ども達と楽しく遊ぶ「リユースおもちゃ広場」、 (メイシアター3階・レセプションホール)電気自動車や燃料電池車など、“環境にやさしい車”を展示する「環境にやさしい車 大集合!」 (いずみの園公園)など、小さい子どもでも楽しめそうなスペシャルな企画が行われます。さらに、環境に関するブースやエコドライブ体験クイズラリーなどエコについて楽しく学べる体験や、わくわくする体験も!“マイボトル”を持参した人は「給茶コーナー」も利用できますよ。家族で足を運んで、エコについて楽しく考えたいですね。

まちっと編集部りんご

【吹田】2月5日(日)はエキスポシティへ!はんだいラボ開催!「マンガを読んで読解力をつけよう」

こんにちは!大阪大学共創機構の中村昌平です。エキスポシティで開催するはんだいラボのご紹介です。はんだいラボ大阪大学の研究室(ラボ)が、EXPOCITYにやってくる! 「買い物の合間にワークショップや実演・講義などで最先端研究を子供から大人まで楽しめる」をコンセプトに様々なイベントを実施予定です。過去にも同じ名称で何度か実施していたのですが、コンセプトやデザインを一新して2/5(日)にリニューアルの第一回を実施します。マンガで読解力!?第一回は、「マンガを読んで読解力をつけよう」というタイトルで、短編マンガを読み解くワークショップを行います。読むマンガは、日本を代表するマンガ家手塚治虫(阪大医学部卒)の、『ブラック・ジャック』です。マンガが面白いことはいうまでもありません。しかし、それを説明するとなるとどうでしょう?このワークショップでは、会場に用意された単行本をじっくり読んで、その仕組みを読み解きます。予備知識は不要です。セリフやコマを読解する力が、実は気づかないうちに身についていたことを実感できればと思います。講師は大阪大学大学院人文学研究科教授の橋本順光教授です。第一部は14:00-15:00、第二部は16:00-17:00で各定員20名です。会場はららぽーとエキスポシティ3FのEXPOCITY Lab.(フードコート横のワークショップスペース)です。ご興味ある方はこちらからお申し込みください! 

大阪大学共創機構中村昌平

【豊中】プレミアムなチョコが集結!千里阪急で2月1日(水)~14日(火)「バレンタインチョコレート博覧会2023」開催

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。2月14日(火)はバレンタインデーですね。このときにしか手に入らない、プレミアムなチョコに出会えるのがバレンタインの楽しみ♪千里阪急では2月1日(水)~14日(火)に、5階催場、地階食料品売り場にて、「バレンタインチョコレート博覧会2023」が開催されます! 北摂で人気のお店も登場!この機会にゲットしよう 5階催場では、おなじみの有名ブランドチョコレートや、関西で愛されるパティシエ、洋菓子店のチョコレート&スイーツが集結します!われらが北摂で人気のお店も出店していますよー!箕面・小野原に店を構える「アリエールプラン」は千里阪急初出店!数々のコンテストで優勝・入賞経験のあるオーナーパティシエが選び抜いたカカオから作られたフレーバーショコラは、上品で高級感があります。まちっとでも紹介したことのある箕面の「パティスリー クリドコック」からは、濃厚なテリーヌショコラ、フランス産はちみつを使った見た目もかわいらしいショコラが登場。箕面に本店がある「シェ・ナカツカ」も出店。「ヴァローナ」社のハイカカオチョコをたっぷりと使用し、しっとりと焼き上げた「究極のブラウニー」は、ぜひともいただいてみたい一品!濃厚生チョコも販売するみたいです。茨木にある「キャリエール ヒデトワ」は、色鮮やかな濃厚ブラウニーなどを販売。ルビーチョコレートとドライフルーツを一緒に焼き上げた「カレ・ド・ルビー」、ナッツや果肉とともに焼き上げた「ガトーカレ」など、どれも一口サイズで食べやすそう。茨木などに店舗があり、ららぽーとEXPOCITYにも入っている「プチ・プランス」も出店しています。じっくり低温で湯煎焼した濃厚でなめらかなテリーヌショコラは、口の中でとろけそう~。シチリア産ピスタチオとホワイトチョコを合わせたテリーヌも必見です。 このほか、ゴディバやヴィタメールなどの有名インポートブランドの限定チョコレートや、動物をモチーフにしたかわいらしいものなど、さまざまな種類のチョコレートを販売。 地階には子ども向けチョコギフトも 地階フードイベント、フードイベントプラザでは2月8日(水)~14日(火)に、ポケモンやムーミンといったキャラクターのチョコレートなど、お子さん向けのギフトも販売されます!「バレンタインチョコレート博覧会2023」のWEBチラシはこちら。 大切な人に、そして自分へのご褒美にも。バレンタインに贈る“とっておきのチョコレート”に出会えますように!

まちっと編集部だんだん

【吹田】“LOVE”にあふれた「アール・ブリュットとすいた」ららぽーとEXPOCITYのInforestすいたで開催中!2月15日(水)まで

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。みなさん、「アール・ブリュット」という言葉を聞いたことはありますか?「生(き)の芸術」を意味するフランス語で、「正規の美術教育を受けていない人が描く、自由な発想や手法で作られたアート」を総称したもの。そんな自身の内側から湧き上がる衝動をそのままに表現したアーティストの魅力に触れられる素敵な企画「アート・ブリュットとすいた」がららぽーとEXPOCITYの1階にある「Inforestすいた」で、2月15日(水)まで開催中です! カラフルで愛にあふれた作品が伝えるメッセージ展示されている作品は、吹田市内で障がい者の支援をしているNPO法人「ネクスト」に所属するアーティスト「KAZU」さんによって描かれたもの。ビビットな色合いが目を引き、そこに描かれている人たちはみんなにっこり。見ているこっちも元気に、笑顔になれる、愛にあふれた絵画が並びます。吹田市の方に話を聞くと、この企画はオアシスタウン吹田SSTに訪問した際、NPO法人「ネクスト」に所属するアーティストの絵画をたまたま見かけ、とても素敵だったので、何か企画展ができないかと考案し、今回の展示が実現したそうです。展示ではアーティスト「KAZU」さんの紹介や、所属するNPO法人「ネクスト」の活動内容なども紹介されています。「ネクスト」代表の川上さんに今回の展示の見どころ、開催にあたっての想いを伺いました。 障がいを持っていてもチャレンジできる社会に 「NPO法人『ネクスト』は、障がいを持つ人の生活介護サービスを提供しており、その中で絵画教室も実施しています。現在、障がい者向けの作業所の工賃は低く、障がいを持つ人が経済的に自立した生活を営むことは困難な状況です。そんな中で、絵を描くことが好きでも、仕事として続けていくことはなかなか難しく、諦めてしまう人も多い」と言います。そこで川上さんは、障がいを持っていても好きなものに触れ、生活していくことができないかと考え、所属アーティストの作品をアートリースしたり、グッズ制作などを行っています。 近年、アメリカで使われるようになった造語で「チャレンジド」という言葉があるそうです。「障がいを持つ人」を表し、ポジティブな意味を込めてそう呼ばれています。ネクストでは、この「アール・ブリュット」活動を通して、「チャレンジド」の活動をサポートしています。 心のままに表現した「アート・ブリュット」の魅力を感じて KAZUさんの作品は、大好きな人を、自分の心のままにキャンバスいっぱいに表現しています。「好き」というピュアな気持ちがストレートに心に響き、触れそうで触れられない手と手の距離が、甘くせつない初恋を彷彿させる作品や吹田のシンボル 「太陽の塔」で、大好きな人とデートをしている様子を描いたカラフルで楽しく、心癒やされる作品も見どころとのこと。「今回の展示を通して、アーティストの作品やグッズ販売につながる事で、『チャレンジド』の経済的な自立を目指しています。『障がい者』というネガティブな見方がかわり、障がいがあっても、チャレンジできる社会の実現に向けて活動しています。心のままを素直に表現した『アール・ブリュット』の魅力にぜひふれてください」と話す川上さん。KAZUさんの作品だけでなく、障がいを持つ人が夢を実現できるように、さまざまな取り組みをされている「ネクスト」の活動を知るとてもよい機会になりますね! 2月11日(祝・土)には、体験イベントが実施されるみたいです。詳細は後日、Inforestすいたのホームページにアップされるとのこと。作品を見れば見るほど、心がぱっと明るくなる“LOVE”にあふれた「KAZUワールド」を、ぜひ体感してみてください!

まちっと編集部だんだん

【豊中】目指せ名人!服部緑地で「梅の俳句」を1月29日から2月12日まで募集するようです

こんにちは!服部緑地を散歩していたら、今年も「梅の俳句募集!」のポスターを発見しました。ポスターによると、募集期間は2023年1月29日(日)から2月12日(日)まで。梅林の南側に応募用紙と応募箱が特設されるので、応募用紙に俳句、名前を記入し応募箱に投函すればOK。投函された俳句は、2023年2月19日(日)11時から、3月12日(日)まで梅林掲示板の横に特設される掲示板で掲示されるようですよ!一人一句など、投稿条件については、服部緑地のホームページも確認してくださいね!目指せ名人!そろそろ、早い花は開花するかな??と梅林を見てみたところ・・・。おおっ!もう花開く寸前!今週末には開花するかしら?!昨年の様子を見てみると、2月上旬から3月下旬が見頃。紅梅が早く見頃を迎えそうですね!

まちっと編集部さんこう

【池田・茨木】2023年人気のいちご狩りスポット!開園期間・料金・予約方法ご紹介

こんにちは!年代問わず大人気、冬から春の味覚狩りと言えば「いちご狩り」ですね!池田市・茨木市の2023年、人気のいちご狩りスポットをご紹介します。摘んだいちごをそのまま楽しむもよし。併設の施設でスイーツを楽しむのもGood!友だちや家族と、一日中甘くておいしいいちごを満喫できますね!※情報は2023年1月13日現在のものです(写真は過去の様子およびイメージです)。※実施期間はいずれも予定。実施期間や収穫できる品種は、生育の状況などにより、変更になる場合があります。 最新情報、詳細は各施設のホームページ、SNS等で確認してください。※お出かけの際には、しっかり感染症対策を。 いちごの豆知識◆北摂は「いちご」の名産地!?大阪府のホームページによると、昭和30年代、北摂は府内でも有数でもいちごの産地だったそうです!農地の減少などで一時期減少に転じたものの生産者は徐々に増えているそう。今回ご紹介の2施設でもジューシーな「北摂いちご」を楽しめますよ!◆おいしいいちごの見分け方は?鮮度が高く、甘くおいしいいちごは「ヘタがピンとしている」「ヘタのもとまでしっかり赤い」「はり、つやがあり大きい」と言われています。「ヘタ・色・形」いちご狩りの時の参考にしてくださいね!  【池田】いけだのいちご狩り屋さん  池田市では初の都市近郊型いちご園「いけだのいちご狩り屋さん」。ビニールハウスの中で、雨の日でも快適にいちご狩りが楽しめますよ。うれしい食べ放題は45分間。1本300円で練乳の販売もあります。摘み取ったイチゴで作るクレープや、イチゴ100%のいちごかき氷なども販売されています。◆開園期間:6月中旬まで。午前9時~午後4時。月・金曜休 ◆料金:中学生以上3000円、小学生以下・65歳以上1700円、3歳以上1200円、2歳以下無料 ◆予約方法:Web予約のみ。完全予約制 ◆食べ放題あり(45分間) ◆持ち帰りあり(1g4円) ◆品種:あきひめ◆電話:072-748-4115(電話予約不可)◆URL:https://ichigogari-ikeda.com/◆住所・アクセス:池田市木部町571国道423号沿い「旧細河小学校」隣、阪急池田駅から阪急バス「池田西乗り場」「伏尾台久安寺」行きで10分、中川原バス停歩2分。駐車場あり▼いけだのいちご狩り屋さん Instagram 引用 この投稿をInstagramで見る  いけだのいちご狩り屋さん 大阪府池田市(@ikeda.strawberry.picking)がシェアした投稿  【茨木】Strawberry Farm No.15  観葉植物や関連雑貨の販売でも人気の「the Farm UNIVERSAL」が作るいちご園「Strawberry Farm No.15」。完熟イチゴを摘んだ分だけ量り売りしてくれます。 また、併設の「FARMER'S KITCHEN」では、人気のストロベリーパフェ(写真)など、イチゴスイーツも味わえます。「the Farm UNIVERSAL」内には、子どもの遊び場、ヤギやウサギとのふれあいもあり、一日中楽しむことができますね!◆開園期間:5月下旬まで。無休◆料金:小学生以上1人440円◆予約方法:Web(1日前まで・当日一部受け付けあり)◆食べ放題なし◆持ち帰りあり(4円/1gで摘んだ分だけ量り売り)◆品種:あきひめ、紅ほっぺ、おいCベリー、よつぼし、すず、はるか◆電話:070-2440-6863◆URL:https://select-type.com/p/ichigo-farm/◆住所・アクセス:茨木市佐保193-2the Farm UNIVERSAL第2駐車場横を上がる(大阪モノレール=彩都西駅歩20分、阪急バス=千里中央、JR茨木、阪急茨木各駅から阪急バス、馬場停下車すぐ/車=新名神高速道路茨木千提寺ICから約6分、中国自動車道吹田ICから約20分、名神高速道路茨木ICから約15分)。駐車場300台あり(無料)▼Strawberry Farm No.15 Instagram引用 この投稿をInstagramで見る  Strawberry Farm No.15(@ichigo_farm)がシェアした投稿

まちっと編集部さんこう

【吹田】吹田市立博物館で「むかしのくらしと学校」展が開催中!2月~3月には体験イベントも実施

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。吹田市立博物館では、特別企画「むかしのくらしと学校」展が4月2日(日)まで開催されています! むかしの道具の使い方や暮らしぶりをリアルに伝える展示例年、小学3年生の3学期の学習内容に合わせて開催されている同展示。たらいや洗濯板、釜、カンテキ(七輪)、あんどん、昔の教科書など、明治から昭和にかけての生活用具や、学校で使っていた学習用具が紹介されています。下駄や草履を履いたり、火打ち石で火花を出したり、はたおりができる体験コーナーもあるそう。「むかしのくらし」を実際に見たり、体験できる機会はなかなか少ないので、今の暮らしぶりと比較しながら、家族で一緒に楽しみたいですね。千里ニュータウンが開発される前と後、そして現在の吹田の街の様子の移り変わりがわかるパネルの展示もあるみたいです。 観覧料は大人200円、高校・大学生100円、小中学生50円。毎週土曜日は小中学生は無料!土曜日以外も「ぐるっとすいたカード」を持参すると無料になるそう。アクセスは阪急バス「紫金山公園前」停から徒歩約4分。駐車場は紫金山公園内にあります(利用無料)。 「むかしのくらし」をより知られる体験イベントも開催 展示に合わせて、2月~3月に体験イベントもいくつか開催されます。おひなさま、まが玉、ミニチュア銅鏡、昔の遊び道具、エコキャンドルを作る講座や、草木染め体験、火おこし体験など。いずれも参加費は無料。親子で参加して楽しめるものもあるみたいです。イベントは事前に申し込みが必要です。ホームページで確認してくださいね。「手づくりおひなさま」 日時:2023年2月5日(日)午後1時30分~3時30分 対象:小学生以上 申込締切:2023年1月24日(火)「大昔のアクセサリー~勾玉(まがたま)づくり~」 日時:2023年2月11日(祝・土)【午前の部】午前10時~午後12時 【午後の部】午後1時30分~3時30分 対象:小学生・中学生・保護者 申込締切:2023年1月31日(火)「ミニチュア銅鏡づくり」 日時:2023年2月18日(土)【午前の部】午前10時~11時30分 【午後の部】午後1時30分~3時 対象:小学3年生~中学生(小学生の場合は保護者同伴) 申込締切:2023年2月7日(火)「手作り おもちゃ教室」 日時:2023年2月26日(日)【午前の部】午前10時~午後12時 【午後の部】午後1時30分~3時30分 対象:5歳~中学生 申込締切:2023年2月14日(火)「昔は草木で染めたんだあー草木染め体験」 日時:2023年3月4日(土)午後2時~4時 対象:小学生・中学生・保護者 申込締切:2023年2月21日(火)「昔のあかりと火おこし体験」 日時:2023年3月5日(日)【午前の部】午前10時~午後12時 【午後の部】午後1時30分~3時30分 対象:小学生・中学生・保護者 申込締切:2023年2月21日(火)「エコキャンドルづくり」 日時:2023年3月12日(日)午後2時~3時30分 対象:小学生・保護者 申込締切:2023年2月28日(火)

まちっと編集部だんだん

【箕面】 箕面市立郷土資料館企画展「むかしのくらしといまのくらし展」3月22日(水)まで開催

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。年末年始、田舎の家で過ごしていたのですが、敷地内をウロウロしていたら、昔使っていたミシンやタンス、ツボが続々。今見ると、デザインが素敵でけっこう丈夫なんですよね。そんな“ちょっと昔”に使われていた道具を展示する「むかしのくらしといまのくらし展」が箕面市立郷土資料館で、3月22日(水)まで開催されています。約100点を展示!社会科の学習にも活用 明治から昭和期のものを中心に、実際に使用されていた生活道具を展示する企画展。今回が26回目だそう。人気なんですね!昔の生活道具を学ぶため、小学校の社会科の学習にもこの企画展が活用されているそうで、小学生のお子さんがいる人は、ぜひとも行っておきたいもの。現代の電気アイロンに代わって使用されていた“こて”や“火のし”、かまどでご飯を炊く時に使用されていた“はがま”など、約100点の生活道具が見られます。若い世代には新鮮に、大人には懐かしく感じられる生活道具。りんごは・・・・・懐かしい世代でした!!使ったことがあるモノもあったー-! (そりゃそうよね) 本企画展を担当した同館の秋吉あみさんは「昔の道具そのものだけではなく、その背後にある人々の考え方やライフスタイルにも興味を持って見ていただけたらうれしいです。そして、今の生活と比べてみることで、それぞれの良いところ、もっと工夫できるところなどを発見し、今後のくらしのちょっとしたヒントにしていただけたら」と話しました。阪急箕面駅からすぐの場所にあり、入場無料なのでおでかけや近くに行った際は、気軽に立ち寄ってみてくださいね。

まちっと編集部りんご

【豊中】千里中央の「オトカリテ」が4月30日(日)で閉館。当日まで「オトカリテファイナルパーティー」開催

こんにちは、さんこうです。千里中央で53年間、千里の街の暮らしに彩りを添えてきたファッション、ショッピングモール「オトカリテ」。「オトカリテ専門店」と「ピーコックストア千里中央店」が 今年2023年、4月30日(日)で閉館するという悲しい情報です。「オトカリテ」のホームページ、館前のポスターによると、閉館は、建物の老朽化によるとのことです。 まちっと北摂の「教えたい/教えて」コーナーにも、ニックネーム「水菜」さんから“可愛い雑貨や服、化粧品などもあったので残念...。”という投稿をいただきました。個人的には、大丸ピーコックという名称に馴染みがあり、子どもの頃からよく訪れていた施設。今回の発表で1970年のオープンから53年が経過していたことを知りました。今でもユザワヤや、ユニクロ、GAPなど家族で買い物を楽しんだり、食事をしたり子ども向けのワークショップイベントで楽しんだり。駅直結の便利さもあってよく訪れていただけにとても悲しいです。 4月30日(日)まで「オトカリテファイナルパーティー」開催 「オトカリテ」のホームページでは、1月13日(金)から、閉館となる4月30日(日)まで「オトカリテファイナルパーティー」開催の情報がありました。◆1月13(金)~2月28日(火)の 「今すぐ着られるものがおトク!冬物一掃セール」◆1月21日(土)~1月22日(日)、 1月28(土)~1月29日(日) 1Fの特設スペースで、オトカリテ、千里中央の景色が描かれたウォールアートに 色付けができるワークショップイベント 「オトカリテ ウォールアート ペイントワークショップ」◆3月1日(水)~3月31日(金) 「ありがとうがいっぱい!オトカリテファイナルパーティー感謝祭」◆4月1日(土)~4月30(日) 「ファイナルパーティー カウントダウンセール」等のセール、ワークショップが開催される予定とのことです。閉館の日まで、楽しくショッピングをして、思い出をいっぱい作りたい!※イベント・セールの詳細情報は「オトカリテ」ホームページを確認してください。昨年は「千里セルシー」が閉館。千里中央も、風景がどんどん変わっていきますね。大規模開発も予定されているので、どんな風景となっていくのか、これからもウォッチしていきたいと思います。▼千里中央 オトカリテ Instagramより引用 この投稿をInstagramで見る  千里中央 オトカリテ(@hautequalite_senrichuo)がシェアした投稿

まちっと編集部さんこう

【吹田】エキスポシティ空の広場にアイススケートリンクが登場!

年末はやはり毎年のように寒くなりますね。 今年は少し早くクリスマス寒波がやってきて、各地で大雪になりました~吹田も寒かったのでホワイトクリスマスを期待しましたが、雪は降りませんでしたね…

ジモトミンRicotto

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと北摂編集部

「まちっと北摂」編集部です。とっておきの北摂情報、編集部からのお知らせを発信していきます!

公式LINEバナー

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north