【松戸】パンと美味しいアレやソレ 零

2つ目のテーマはパンと「組み合わせて美味しいもの」、パンのお供やパンと一緒に食べたい料理にしたいと思います。

パンのお供とは、例えばジャムやパテ、チーズなどの順当なものから、味噌や漬物など意外なものまで。一緒に食べたい料理も洋風のものにとらわれず、幅広くご紹介していこうと思います。

パンは1年365日、常に食卓の上にある食べ物なので、自然とパンを中心にした食事になります。チーズ数種、ジャムは常に冷蔵庫にあり、ジャムは数種類同時に食べ進めることもあります。

特にジャムを買うつもりで入ったお店でなくても、あるとつい手が出てしまいます。松戸の「パティスリー・マーサ」(現在はテラスモール松戸にも出店)に行った時にも一度、イチゴのコンフィチュールを見つけて買ってしまいました。

パティスリーマーサの「ももえちゃん」、まるごとひとつ桃を使った贅沢なケーキです。

パティスリーマーサの「ももえちゃん」、まるごとひとつ桃を使った贅沢なケーキです。

粒が残った果実味の豊かなタイプ、すっきりした甘さなので一食でたっぷり使ってしまうので1瓶では足りなかったなとすぐに公開した記憶があります。

実は、買いに行ったのはモンブランでした。ここのモンブランは栗のクリームだけでなく台のタルトが大好きで、人生で3本の指に入ると思っています。

リビングの企画で「フラワーボックスみたいなケーキ」をお願いした時にも、快くお引き受けいただいたばかりか想像の何倍も素晴らしいケーキに仕上げてくださいました。いつかこのコーナーの派生でなにかコンフィチュールをお願いする、なんて企画が実現したら…酸味と甘みが絶妙で軽めの口当たりの果実ものや、豆のペーストをベースにしたもったりとしたものをお願いしたいなぁ、などと妄想しています。

「Ruheplatz Zopf」の「パテとマリネ」、パンの盛り合わせと共に。

「Ruheplatz Zopf」の「パテとマリネ」、パンの盛り合わせと共に。

パテやテリーヌも見かけるとつい購入してしまいます。

パテではレバーが一番好きです、時間がある時には自分で作ったりもします。小金原の「Zopf」では冷蔵ケースの中でレバーペーストを見かけると数回に1回はケースを開けてしまいますし、2階のカフェ、「Ruheplatz Zopf」では朝食時間を終わってからの定番メニュー「パテとマリネ」をよく選択します。

外では洋風になりがちなので、家では失敗を恐れず、チャレンジしてみています。どんな組み合わせが出てくるか…乞うご期待!

パティスリーマーサ

Zopf

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

パンコーディネーターAD福地 寧子

一日3食、年間1095食以上パンを食べ続けて四半世紀を過ぎたパン食人。パンの記事執筆、イベント企画、レシピ提案、講義登壇、メディア出演など、パンのおいしさと楽しさをより多くの人と共有すべく活動中。

north