【松戸】松戸市出身! 落語家・春風亭昇々師匠にインタビュー

【松戸】松戸市出身! 落語家・春風亭昇々師匠にインタビュー

こんにちは。まちっと柏編集部のあしゅです。

今回はこの春からチバテレの朝の情報番組「モーニングこんぱす」のパーソナリティーに就任した、松戸市市出身の落語家・春風亭昇々師匠インタビューしました!

「笑点」でもおなじみの春風亭昇太師匠のお弟子さんで、昨年、落語家の上位階級である「真打」に昇進した昇々師匠の松戸への思いとは?

春風亭昇々師匠にインタビュー!

Q.自己紹介をお願いします!

2007年に春風亭昇太に入門しました。松戸出身です。ほとんどの落語家は江戸時代に作られた古典落語をやりますが、私は自分で作る創作落語もやります。「ソーゾーシー」という創作落語のユニットのリーダーで、全国で活動してます。


Q.昨年5月に真打に昇進されてちょうど1年。自分の中で変化はありましたか?

コロナ禍で稽古する時間が増えたので、自分の落語について考えることがより多くなりました。あと真打になって時間を無駄にできないと感じるようになり、この時間はこれをやるというように、時間で動くようになりました。


Q.落語初心者に、落語の楽しみ方を教えてください!

落語は聴き手が映像を想像するという点で小説に近いと思います。小説が嫌いな人はいないと思うので、誰でも無理なく楽しめると思います。寄席や落語会の敷居が高いと感じる人もいると思うんですが、新しい感情は新しいことをしないと生まれないと思うので、怖がらずにぜひ来てみてください!

出身地・松戸への思い

Q.この春からは「モーニングこんぱす」のパーソナリティーも務められておりますが、ここまでで感触はいかがですか?

「モーニングこんぱす」は他のメンバーと番組を進めていくので、会話のやりとりやその場のアドリブが多いというところが一人でやる落語と違って面白いです。すごい間違いもたまにしてしまい、かっこ悪いんですが、生放送なのでそんなところも包み隠さずやっていますので皆さんぜひ見てみてください。下手すぎてびっくりすると思います(笑)。これからはもっとかっこよく仕切ってスマートにやりたいです。


Q.出身地である松戸への思いは?

実家なので、たまに帰るとものすごい安心感があります。新松戸のサフラン(パン屋)、和名ケ谷クリーンセンター、二十世紀が丘市民センターの図書館、ライオンズの森…文字が足りないくらい思い出ばかりです!


Q.松戸の自慢、好きなところは?

江戸川の河川敷から見る夕焼けが絵に描いたようにキレイで、前座時代はよく自転車で見に行ってました。子供の時は花火大会に家族で行ったり、釣りをしたりしました。


Q.今後の野望を教えてください!

“生涯現役”ってよく使われる言葉だと思うんですが、僕はさらに上を目指したいです。歳をとるにつれ、もっと高座をエネルギッシュにやりたいです。老人でスパークしたいと言っています!


Q.告知等ありましたらお願いします!

落語会をたくさんやってますので、ツイッター@shoshoa2011をチェックしてもらえるとありがたいです。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部あしゅ

ご当地キャラクターとアイドルが好き。気になるものはすぐにやってみたい・調べたいフットワークの軽さが持ち味。プロフィール写真は変身写真。普段はいたって普通の人です。

north