【柏】柏レイソル創立30周年記念マッチ

【柏】柏レイソル創立30周年記念マッチ

5月14日、「柏レイソル創立30周年記念マッチ 柏レイソル対ガンバ大阪」が開催されました。

前身の「株式会社日立スポーツ」がら始まり、念願のJリーグ昇格を果たしたのは1994年のこと。
以降、柏レイソルとサポーターは楽しいこと、辛いことをたくさん経験してきました。

3度もJ2に降格してサポーターをハラハラさせるものの、そのたびに1シーズンでJ1に復帰。
2011年にはJ2から昇格後、即J1優勝。J1に昇格したばかりのチームが優勝したのはJリーグ初のことで、歴史に名を残す快挙となり、柏の街は大盛り上がり!

強いんだか弱いんだかわからない。だからこそ放っておけない。
私がレイソルを応援し始めて20年以上が経ちますが、私にとってのレイソルはそんな愛すべきチームなのです。

黄色い光の演出で選手を迎える!

待ちに待った5月14日の記念マッチ。
「記念マッチ」ということで、豪華景品が当たるクジやレイソルOBによるトークショーなど、試合前にはたくさんの楽しげなイベントが開かれました。

が、我が家は息子のサッカー練習のため、スタジアムに到着したのは試合開始直前。この日のメインイベント、選手入場時に観客全員が黄色いライトをかざして出迎える「光の演出」になんとか間に合ったのでした。

入場者全員に配られた「黄色く光るケミカルライト」。試合の日付入りで記念になりました

入場者全員に配られた「黄色く光るケミカルライト」。試合の日付入りで記念になりました

30周年記念のユニフォームもクール!

この日は奮発して、「30周年記念ユニフォーム付きチケット」なるものを購入しました。
ユニフォームとチケットのセットで、別々に買うより少し安くなる、というもの。
「少し安くなる」とはいえユニフォームの価格自体が高いので結構なお値段ですが、最近好調なチームのムードに乗せられて買うことに。
普段の黄色いユニフォームもかっこいいですが、この黒いユニフォームはさらにクールで気に入りました。
「30周年記念」という特別感もたまりません。

前面に日立台(柏レイソルのホームスタジアム)をあしらったデザイン。襟には30周年ロゴマークが入っています

前面に日立台(柏レイソルのホームスタジアム)をあしらったデザイン。襟には30周年ロゴマークが入っています

試合は悔しい敗戦

選手、クラブ、サポーターが一体となって準備を行い、最高の雰囲気で始まった試合。
選手もいつにも増して気合が入っているのが伝わってきました。

チャンスはたくさん作れている。
なのに、点が、入らない!

セットプレーでやられてしまう、いつもの悪い癖。
結局、1-0で負けてしまいトボトボと帰宅したのでした。

チームの調子は良いし、相変わらず優勝を狙う位置にいるので文句はありません。
とはいえ、最近は生観戦した試合で勝てていないのは悲しい。

6月もヴィッセル神戸戦を観に行くので、今度こそ、勝利を頼みます!

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ライター渡辺裕希子

東京在住の柏レイソルサポーター。サポ歴は20年以上。小学生の子供と元レッズサポの夫とともに応援中

north