【松戸】ふるさと納税でも手に入る!「プリンス徳川カフェ」を飲んでみた

【松戸】ふるさと納税でも手に入る!「プリンス徳川カフェ」を飲んでみた

こんにちは、ジモトミン・やまの ふゆかです。

「プリンス徳川カフェ」を知っていますか?

今年の敬老の日、実家の両親にプレゼントしたこともあって、私もご相伴にあずかりました(笑)。

「プリンス徳川カフェ」とは?

昨年NHKで放送されていた「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一とともに、1867年にパリで行われた万国博覧会へ行った徳川昭武。

そこでコーヒーと出会った彼は、コーヒーを愛飲し、自筆の仏文日記にそのことを書いていたそう。


松戸駅から徒歩で行けるところにある戸定邸は、徳川昭武が晩年を過ごした場所。

当時のさまざまな資料を所有している戸定歴史館がこの「プリンス徳川カフェ」の開発に協力したんだとか。

戸定邸は歴史を感じられる静かな場所

戸定邸は歴史を感じられる静かな場所

そんな「プリンス徳川カフェ」は、どんな味なんでしょうか…?

クセのない飲みやすい味

早速いただいてみました。

封を開けるとコーヒーのいい香り!カップにセットしてお湯を注ぐだけで、本格的なコーヒーが楽しめるのは、手軽でいいですよね~♪

豆はイエメン産のモカで、フレンチローストで仕上げてあるそう。

まずはブラックで飲んでみました。コーヒーには詳しくない私ですが、酸味は少なく、軽めの印象で、とても飲みやすいです。

半分ほど飲んだ後にミルクを入れてみると、まろやかな味わいに変化しました。

私は「千葉とみい」で購入しましたが、戸定売店(戸定歴史館駐車場)やSAZA COFFEEのオンラインショップなどでも購入可能とのことなので、ぜひチェックしてみてください!

「プリンス徳川カフェ」を使ったお菓子も販売中

この「プリンス徳川カフェ」を使ったジェラートやお菓子も市内で販売しています。

今回、以前ご紹介したビナーシェで、「1867 巴里(パリ)コッティ」を買ってみました。



詳しくは松戸市のホームページにも掲載があります。どれもおいしそうですよ~♪

生地にはアーモンドとともに「プリンス徳川カフェ」の豆が混ぜ込んであるので、食べているうちにカリっとした食感が楽しめました。

もちろん、コーヒーの香りもしっかりと感じられて、とってもおいしいです^^

他にも松戸市内のいろいろな店舗で、この「プリンス徳川カフェ」を使ったスイーツを販売しているそうです。

次はどこのお菓子をいただこうかな~?

ふるさと納税の返礼品にも!

「プリンス徳川カフェ」は、ふるさと納税の返礼品にもなっているので、松戸まで買いに行けないよ~という人は、こういった形でも手に入れることができます。

歴史を感じられる松戸の名産品、ぜひ味わってみてください♪

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミンやまのふゆか

新松戸歴30年以上。自分が育った街で子育て真っ最中♪ 自転車で、徒歩で、子どもと楽しめるところ、大人だけでも楽しめるところを日々探索中です。

north