【流山】鉄道好き親子や鉄道ファンが集う!? まちをみんなでつくる「machimin」

【流山】鉄道好き親子や鉄道ファンが集う!? まちをみんなでつくる「machimin」

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

流鉄流山線の最終駅「流山」で降りて右へ向かうとすぐ、昔懐かしい雰囲気の建物があります。その名も「machimin」。“まちをみんなでつくる”をテーマに、子どもからシニアまで、多世代多様な人がそれぞれ何かをしに来る場所なんだそう。

店内に入るとぱ~っと広がる昭和レトロな空間

電車を見に、雨宿りをしに、宿題をしに、昔遊びをしに、街歩きの情報を聞きに…。
色んな人が集う場所「machimin」には、けん玉やベーゴマなど、昔ならではの遊びもいっぱい。



電車好きの親子や鉄道ファンがこぞって集まる!?

店内には、懐かしの黒電話やコタツ、流鉄開業100周年記念で製作された電車の模型などがずらり。
しかも、半円の窓からは流鉄が見えて、なんだかとっても特別な気分。
窓からじっと眺めていると、洗車や点検などレアな風景も見られるので、
電車好きの親子や鉄道ファンがこぞって集まるそう。

流山といえば、“みりん”。砂糖のかわりにみりんで作った「みりんごジンジャー」

流山の名産品といえば「みりん」。
砂糖・卵・牛乳不使用で、原材料の51%以上みりんを使った「みりんクッキー」5枚入り216円や
「みりんビスコッティ」5枚入り324円を販売中です。

私は隣の建物にある小さなカウンターで「みりんごジンジャー」432円を購入。
ひと口めで、からだに広がる優しい味…。
うん、体が温まる!!

「みりんごジンジャー」432円。体がぽかぽかに

「みりんごジンジャー」432円。体がぽかぽかに

注文してから作ってくれるので、ふわーっと漂うジンジャーの香りがたまらない

注文してから作ってくれるので、ふわーっと漂うジンジャーの香りがたまらない

最後におまけ…!

machiminの前を通って、流山市役所方面へ向かうと、右に流鉄の車両基地を囲う壁が出現!
そこには、四季折々の斬新なアートが書かれているので、お散歩がてらチェックしてみて。

machimin(まちみん)

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部K&R

柏で働いてます。オープンマインドで愛あふれる人が多い、柏の街が大好き! 取材で見つけたあれこれ、おすすめランチ、インタビュー時のこぼれ話など、気ままに発信していきます。好きな食べ物は「柏小かぶ」。

north