【松戸】市内最大規模の松戸市美術展開催中です

こんにちは、ジモトミンの村島由夏です。
12/7(火)より、松戸市で最も規模の大きな公募展「松戸市美術展」が始まりました!
この展覧会は、松戸市にゆかりのある16歳以上の人なら、どなたでも、どんな絵でも出展することができる大きな展覧会です。
ジャンルは彫刻・日本画・洋画の3つが設けられていますが、それらの枠に捉われない作品も数多く展示されています。
例えば、編み物のタペストリーや、組紐で作られた絵、切り絵やちぎり絵など。アニメイラストも出品することができるそうです。
次回は6,7月頃の開催を予定しているとのことですので、出品をご検討の際は一度、今回の展覧会を覗いてみてはいかがでしょうか。

毛糸を編んで作られたタペストリー

毛糸を編んで作られたタペストリー

出品規定

1. 資格:原則として年齢16歳以上の松戸市在住、在勤、在学、市内美術サークル会員および松戸市出身者
2. 出品部門及び出品規格:
日本画
F8号(45.5センチメートル×38.0センチメートル)以上、F50号(116.7センチメートル×91.0センチメートル)まで

洋画(版画を含む)
F8号(45.5センチメートル×38.0センチメートル)以上、F50号(116.7センチメートル×91.0センチメートル)まで

彫刻
高さ180センチメートル×幅100センチメートル×奥行100センチメートル以内

3. 出品点数:各部門1人1点
4. 出品料:作品1点につき3,000円(ただし、30歳以下については1,000円)

賞:一般出品者の優秀作品には松戸市長賞・松戸美術会賞・松戸市議会議長賞・松戸市教育委員会賞・松戸市文化団体連盟会長賞・奨励賞・努力賞・佳作・新人賞(35歳以下)を、実行委員の優秀作品には松戸市展賞・松戸美術会特別賞が授与されます。

お問い合わせ:松戸美術会 080-6807-6443(出品に関する問い合わせ)担当:小島
 松戸市文化ホール 047-367-7810(生涯学習推進課)

※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため変更又は中止となる場合がありますのでご了承ください。

次回は、実際に出展された方のインタビューをお送りします。

展覧会風景その1

展覧会風景その1

展覧会風景その2

展覧会風景その2

展覧会風景その3

展覧会風景その3

第56回松戸市美術展覧会 詳細

  • 会期:12月7日(火)~12月19日(日) 10:00~18:00
     ※12月13日(月)は休館、12月19日(日)最終日は~15:00まで

    会場:松戸市文化ホール(松戸市松戸1307-1松戸ビルヂング4F)
     (松戸駅西口から徒歩4分。駐車場ありキテミテマツド)

    観覧料:無料(会期中、どなたでも自由にご覧になれます)

    主催:松戸市教育委員会 松戸美術会

    問い合わせ:松戸市文化ホール 047-367-7810(生涯学習推進課)

    ※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため変更又は中止となる場合がありますのでご了承ください。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミン村島由夏

生まれも育ちも出会いも住処も千葉県松戸市出身の松戸ラヴァー。実際に見て、行って、体験して、良いなあ!誰かにおすすめしたいな!というお気に入りスポットやお店、イベントなどを中心に記事を書こうと思います。

north