【柏】2/23は富士山の日!早春の富士塚めぐり 柏市北部編

【柏】2/23は富士山の日!早春の富士塚めぐり 柏市北部編

おでかけ

2月23日は富士山の日。

最初は単なる語呂合わせかと思ったんですが、なんと静岡県の条例で正式に定められているんですね。

平成21年12月25日静岡県条例第72号、静岡県富士山の日条例の第2条では、

「富士山の日は、2月23日とする。」

とされています。

令和に入ってからは2月23日は天皇誕生日なので、この日はダブルで記念すべき日と言えるかもしれません。

今回は富士山の日にちなんで、柏市の北部にある富士塚のご紹介です。

大室香取神社の富士塚

大室香取神社は、柏市北部にある大室地区の鎮守の森で、室町時代末期に創立ということで、500年余りの歴史がある神社です。

そしてその境内、本殿に向かって手前の左側に富士塚があります。

富士塚には溶岩らしき岩が一部混じっており、山頂には「浅間大神」と書かれた石碑がありました。

浅間大神(あさまのおおかみ)とは富士信仰に基づいて富士山を神格化したものとも、日本神話に出てくる木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやびめのみこと)であるとも言われています。

大室香取神社。左端に富士塚の登り口が写っています。

大室香取神社。左端に富士塚の登り口が写っています。

神社の社格を表す「村社」の文字が見られます。

神社の社格を表す「村社」の文字が見られます。

大室香取神社の富士塚。山頂には「浅間大神」の石碑があります。

大室香取神社の富士塚。山頂には「浅間大神」の石碑があります。

船戸天満神社の富士塚

船戸天満神社は、創立は不詳のようですが、本多正重が領主となった元和2年(1616)とも、本多沼田藩の飛地藩領に置かれた代官所の岡本吉兵衛が慶安2年(1649)に創立したとも伝えられます。

社格は先程の大室香取神社と同じく村社。

ご祭神は菅原道真公。

境内の右側に富士塚があります。

山頂の石碑には大室香取神社の富士塚と同様、「浅間大神」の文字が刻まれています。

中腹には「日光山」と刻まれた石碑もありました。

船戸天満神社

船戸天満神社

富士塚の遠景

富士塚の遠景

富士塚の近景

富士塚の近景

境内には白い梅の花が咲いていました。(2024年1月28日撮影)

境内には白い梅の花が咲いていました。(2024年1月28日撮影)

大室香取神社

  • つくばエクスプレスの柏たなか駅から東南東に約1.3km、徒歩約17分。

船戸天満神社

  • つくばエクスプレスの柏たなか駅から北北西に約1.5km、徒歩約20分。
    大室香取神社との距離は約2㎞、徒歩約30分、自転車だと10分程。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

koji-koji

柏市在住。四季折々の季節の良さ、歴史的な名所・史跡・行事、メジャーなのからマイナーのまで様々なイベントなどを巡ったりするのが好きな一般の柏市民です。農園を借りて野菜や花を育てています。

公式LINEバナー

north