【吹田】全国のうまいもんが揃う「魚ジャパンフェス in 万博記念公園」初日参加レポート!

【吹田】全国のうまいもんが揃う「魚ジャパンフェス in 万博記念公園」初日参加レポート!

先日ご紹介した「第1回SAKANA&JAPAN FESTIVAL2022 in 万博記念公園」が5/27(金)~29(日)の3日間開催!
本日初日ということで、早速行ってきました!

▼前回記事はこちら・・
【吹田】全国各地の魚介グルメを堪能できるイベントが関西初上陸!5月27日(金)~29日(日)万博記念公園で開催

東京では過去累計86万人が参加したという日本最大級の魚食イベント。
関西圏では初開催!それが北摂(万博記念公園)にやってくる!ということでとっても楽しみにしていました。

全国から約40ものブースが集結!
うぅぅ、朝ご飯抜きで参戦しましたが、それでもアレもコレも食べたくて目移りしてしまいます。
場内を一周、二周、さん・・・あぁ、そろそろ決めないと。

色んなグルメが揃う中でも、東日本大震災からの復興に取り組む福島県の漁業・水産業を応援する「発見!ふくしま」エリアが特に気になっていたので、まずは、「小名浜さんま」のブースへ!

小名浜港で獲れた「さんまのポーポー焼き」

福島県で唯一さんまが獲れるのが、小名浜港だそうです。
地元の方も、一般的には刺身・塩焼きで食べることが多いそうですが、水揚げ量が多いときは各家庭にバケツごと(!)おすそ分けがあることも珍しくないようで、そんなときに毎日のおかずのバリエーションとして、みりん干しやポーポー焼きなどにアレンジして食べられているそう。
初めて聞く「ポーポー焼き」が気になってオーナーにお話を伺ったところ、「実は僕自身も20歳頃は魚があまり好きじゃなくて・・でもそんなときにおばあちゃんが作ってくれたこのポーポー焼きがハンバーグ感覚で食べられて好きになって。骨も皮もなくお子さんでも食べやすいので、こうしたイベントで県外の方に振る舞っています」とのこと。
ネーミングの由来は、さんまを焼いているときに炭に油が下に落ちて火がボーボーする。
ボーボー、ボーポー、ポーポー・・・ということで(笑)、「ポーポー焼き」ができたそう。
“おばあちゃんが作ってくれた思い出の味”、皆さんもぜひ召し上がってみてください♪

さんまのポーポー焼き(400円)、さんまの塩焼き(450円)、めひかり開き干し(500円)ほか

さんまのポーポー焼き(400円)、さんまの塩焼き(450円)、めひかり開き干し(500円)ほか

「発見!ふくしま」エリアでは、他にも海鮮丼、ほっき飯、ほっきグラタン、福島の地酒飲み比べセット、常磐ものイカスミパエリアなどが揃います。

くじらを食べて「海のSDGs」に貢献!

次に紹介するのは、自然豊かな石巻から来られた「木の屋石巻水産」さん。
朝獲れの魚を鮮魚のまま缶詰にするなど、三陸の”うまいもん”を詰め込んで販売されています。
「このおいしさを大阪の人にまず食べてもらいたい!!」ということで、今回は缶詰を通常よりリーズナブルな価格で用意されていました。くじらのアヒージョや旨煮など色々なバリエーションがありましたよ♪
そして、特におすすめ!と教えていただいたのが「鯨肉のタコライス」です。
タコライスは好きなんですが鯨肉は初挑戦!早速いただきま~す!

・・・うんまっっっ!!あっという間にペロリ!です。

あっさりしていて食べやすく、だけどしっかりと味がついているので満足度も高い!
500円でこんないただいていいの?!というボリュームです。
「SDGs」って自分に何ができるだろう・・と思いがちですが、食べて貢献する、という身近な方法で参加できました。

捕鯨の伝統と食文化を守るため南極海からやってきた「バレニンちゃん」も登場!

捕鯨の伝統と食文化を守るため南極海からやってきた「バレニンちゃん」も登場!

北海道産のかにがふんだんに!「うにかにまみれ肉寿司」

まだまだ行きますよ~!続いて、このビジュアルに吸い込まれるようにお店へ近づいた私。笑
うにかにまみれ肉寿司、道産牛の食べ比べ肉寿司、道産牛のうにのせサーロイン肉寿司・・・!と、これでもか!というほど肉×魚介のコラボ。「フィッシュ&ミートマン金獅子」というお店です。
お話をお伺いすると、もともとは肉寿司メニューがメインだそうですが、今回は魚介のイベントというとで、北海道産のかにをはじめとした魚介ものせちゃいました!とのこと。
迷いに迷って、贅沢な「うにかにまみれ肉寿司」をチョイス!

うまさの決め手、別添えの「山わさび昆布醤油」をつけていただきます

うまさの決め手、別添えの「山わさび昆布醤油」をつけていただきます

お肉とウニとカニが合わさって・・さいこう!おすすめしていただいた通り、この山わさび昆布醤油がそれぞれの味を一つにキュッとまとめてくれているような感じです。美味しかった!

大本命の「こぼれいくら丼」

前回の記事でも書きましたが、私、大のいくら好きなんです。
絶対食べる!と意気込んでいましたが、他のグルメにも惹かれちゃって、気づけば〆に・・。もうだいぶお腹いっぱいなんですが、やっぱりいくらを食べないことには帰れません。
お玉いっぱいのイクラをどんどん注いでくれて・・完成!
この頃には空も晴れてきて、イクラがキラキラに輝いています。

すぐ食べるのがもったいなくて、360度しばし鑑賞したあとにスプーンでいただきます!

もう、これは、本当に、ぜいたく・・!!並(2,600円)、ミニ(1,800円)から選べます。
イベントで食べるには高めかもしれませんが、それでも「安い!」と思わせてくれるほどの量と満足度。
屋外イベントの参加も数年ぶりでしたので、青空のもとで食べるいくら丼が心も満たしてくれました。

5/28(土)・29(日)にはステージコンテンツも充実

両日とも開催されるmisonoさんのトーク&ライブショーや、”海鮮プロレス”開催で魚の覆面レスラーが登場!
さらに、28(土)15:00~16:00はお笑い芸人のたむらけんじさん、麒麟の田村さん。
29(日)13:00~14:00はミサイルマンの西代さんと2700が登場!
飲食スペースも十分にあるので、家族みんなでゆっくりと楽しめそうですね。

今回イベントに参加してみて、グルメを味わうだけではなく、どんな想いがあってこの料理・食材を準備したのか、という出店者の皆さんの熱い想いが伝わってきて、美味しいご飯がさらに何倍も美味しく感じられました。

土日もいいお天気になりそうですね!
日曜日は30℃超えの予報も出ていましたので、熱中症対策をしっかりとして、ぜひ日本各地のグルメを味わってみてください♪

この暑さにはクラムスバナナの「プレミアバナナジュース」がぴったり!

この暑さにはクラムスバナナの「プレミアバナナジュース」がぴったり!

「第1回SAKANA&JAPAN FESTIVAL2022 in 万博記念公園」開催概要

  • 開催日時:2022年5月27日(金)~29(日)9:30~17:00 ※予定
    会場:万博記念公園・お祭り広場
    総店舗数:約40ブース予定
    入場料:当日券300円(大学生以下無料、万博記念公園入園料・飲食代は別途)
    支払い方法:現金または電子マネー(対象電子マネーはHPで要確認)

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部ナッキャン

まちっとSNS担当者。隙あらば旅へ・・!大好きな海外旅行ができなくなって早2年。まちっとでは、「北摂で旅気分」をテーマにお届けできればと思っています。神戸で生まれ育ち、現在は北摂のはしっこで暮らしています♪ ※ナッキャン=タイ語でライターという意味です

north