【柏】柏レイソルのホームゲーム、今年初観戦!

【柏】柏レイソルのホームゲーム、今年初観戦!

2022シーズンが開幕して1ヶ月ちょっと。
テレビ観戦も良いけれど、やっぱりライブの魅力にはかないません。
絶好調な柏レイソルを早く目の前で見たくて、3月12日に今年初のレイソル詣に出かけてきました!

都内の自宅から電車を2度乗り換えると、愛する柏に到着。柏駅からはバスで約10分(徒歩では25分くらい)、聖地「日立台」こと、三協フロンティア柏スタジアムが目の前に!

この日は当日券を売っていました。満席になって欲しい!

この日は当日券を売っていました。満席になって欲しい!

「スタグル」も試合のうち!

キックオフまで1時間。まずは腹ごしらえが欠かせません。

スタジアムで食べる食事のことを、サッカーファンは「スタグル」と呼びますが、日立台の「スタグル」は結構充実しているんです。

名物は、半熟卵とレタスがのった「レイソルカリーライス」。ホームはもちろんアウェーサポーターにも人気の一品で、レトルト商品としても販売されています。

お店のラインナップは日によって異なりますが、焼き鳥、焼きそば、フライドポテトなどの定番は大体揃っています。

もちろん、食べ物の持ち込みもオッケー。我が家は、柏駅近くのマクドナルドやミスタードーナツ、高島屋のデパ地下でもよく購入しています。

ホーム側のゴール裏エリアにフードワゴンが並んでいます

ホーム側のゴール裏エリアにフードワゴンが並んでいます

夏はかき氷もおすすめ

夏はかき氷もおすすめ

選手が目の前!臨場感抜群の試合観戦

お腹が満たされたら、いよいよスタジアム内へ。
「日立台」は他のスタジアムに比べてこぢんまりしていますし、少々古さも目立ちます。
でも、臨場感はどこにも負けていません!

選手と観客との距離が近く、ボールを蹴る音や選手同士がぶつかる音が聞こえてきたり、時には客席までボールが飛んできたり。
プロの凄さ、巧さを実感できるスタジアムなのです。

コロナ禍の現在、声を出しての応援は禁止されているので、試合中は手拍子で応援。良いプレーがあると、叩く手にも力が入ります。

ゴール裏二階席からの景色。一階は立ち見席なので、「出来るだけ安い席で、かつ座って見たい」という方にはここがおすすめ

ゴール裏二階席からの景色。一階は立ち見席なので、「出来るだけ安い席で、かつ座って見たい」という方にはここがおすすめ

試合は1-0で勝利!

この日の試合は1-0で、アビスパ福岡に無事勝ち切りました!
何度も追いつかれそうになりハラハラしましたが、そこはさすが好調なレイソル!
GKのスーパーセーブやディフェンス陣の踏ん張りもあり、しっかり完封できました。

ホームでの勝利は格別なものです。
試合後も力一杯の拍手で選手を迎え、帰りは晴れ晴れとした気分で柏駅まで歩きました。

コロナ禍もあり、なかなか思うように観戦に行けないのは歯痒いですが、早くまた見に行きたい! 
連れて行った小四の息子も次の観戦を待ち望んでいます。
頑張れレイソル!

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ライター渡辺裕希子

東京在住の柏レイソルサポーター。サポ歴は20年以上。小学生の子供と元レッズサポの夫とともに応援中

north