【松戸】こうばしい穴子めしで冬をのりきるパワーチャージ

【松戸】こうばしい穴子めしで冬をのりきるパワーチャージ

冬にも土用の丑の日があると聞きました。2022年は1月24日(月)だそうです。夏の土用の丑の日にうなぎを食べるのは平賀源内さんの戦略なのかもしれませんが、季節の変わり目にあたる土用に栄養があるものを食べるのはいいはず。それで頭に浮かんだのは…穴子食べたいっ!

松戸の老舗・関宿屋本店でランチ

訪れたのは松戸駅西口にある「関宿屋」です。だれもが知る老舗! 

「あなご」の3文字にうっとり

「あなご」の3文字にうっとり

ランチ目当てに土曜12時過ぎに訪れました。店内のテーブルと座敷はほぼうまっている様子。
ランチは穴子めしセットと天ぷら定食セット、ほかにもいろいろあって悩んだものの、初志貫徹で「穴子めしセット」1485円を注文しました。

焼き上がりに15分ほどかかりますと言われ、お茶をいただきながら心静かに待っていたら、お盆が運ばれてきました。

焼いた穴子が思った以上にこうばしい!

穴子めしに、お吸い物、お新香、湯葉、あなざく、デザートがついています。
穴子というと甘く煮付けているものが多いですが、この穴子はザ・焼き! 非常にこうばしくておいしいです。お茶漬けにして食べても行ける感じ。

あなざくがまたおいしい! キュウリの酢の物がすっきりしているのと、あなざくがしまった味でこれもごはんが進みます。

これ10皿くらい食べたい!

これ10皿くらい食べたい!

すべて残さずいただいたら満腹! ごちそうさまでした。

テイクアウトも、デリバリーもあるので、いつでも食べられるのがうれしいです。
次来たら、天ぷらをいただきたい!

関宿屋

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部AmaimonLove

おいしいものがあると聞けば東西南北どこまでも! 特に和も洋も甘いものが大好きで、一番好きなのはアイスクリームです。

north