【松戸】松戸市美術展に出展した作家さんの声~その2~

みなさん、こんにちは。ジモトミンの村島由夏です。
今日は、只今開催中の松戸市美術展に実際に出展された作家さんの声を再びお届けしたいと思います!

レアな雛人形を描いた作家さん(日本画)

「各家庭が雛人形を解放していて、色んな雛人形を見ることができるんですよ。」
茨城県桜川市にある真壁町(まかべちょう)では、そんな一風変わったひな祭りをやっているのだそうです。
それを教えてくれたのは、日本画作家の杉山喜代枝さん。
彼女の絵には、美しい雛人形と吊るし雛が描かれていました。
よく見ると、女雛が犬を連れています。
杉山さんに訊ねると、
「これは、そこにしかない犬引雛(けんびきびな)という珍しい雛人形です。面白いので絵にしてみました。」

――ご自身で実際に見て感動したものを咀嚼して、自分だけの一枚の絵に仕上げる。私にとっては難しいことですが、杉山さんはそれを成し遂げていて素晴らしいと思いました。

「真壁の犬引雛」杉山喜代枝 作

「真壁の犬引雛」杉山喜代枝 作

作品と杉山喜代枝さん

作品と杉山喜代枝さん

意外な素材でできている像(彫刻)

「憩う」戸田尚代 作

「憩う」戸田尚代 作

一見、ブロンズでできた像に見えるこの作品。
作者の戸田尚代さんに尋ねたところ…




「これは石膏でできているんですよ。」
と、意外な答えが返ってきました。
作り方を聞くと、親切に教えて頂きました。
「まずはね、土の粘土で形を作って、そこに石膏をかけるの。
乾いたら石膏を剝がして、その石膏の中にまた石膏を流して固めたら、中身を取り出してそこに塗装するのよ。」
――なんだか気が遠くなるような、手間のかかる作業ですね。

「色はスプレーを使って塗装しているの。黒と茶色と緑、と何色も重ねては、拭いて下の色を出すなどしてブロンズ像のような質感を出すようにしたのよ。」

――本当に見た目がブロンズ像のようにしか見えないので、とてもびっくりしました。
また、一つの作品を作るのに、2、3か月はかかるとの事。石膏像を彫るのにこれだけ工程が多いとは知らなかったので、ただひたすら感心するばかりでした。

作品と戸田尚代さん

作品と戸田尚代さん

筆を使わないで描く作家さん(洋画)

「白→濃い青→水色→黄色と、自分のその時の気持ちで色を乗せて描いています。」と、色鮮やかな抽象画を見せてくれたのは、洋画作家の丹羽良勝さん。
10分ずつ塗っては乾かしてを繰り返すこと1時間で仕上げた作品。
同時進行で複数の作品を描いていて、一度に何点もの作品が出来上がるので、その中から良いと思った作品を出品したのだそうです。
「うまく描こうとかもう、無視。偶然できた仕上がりを作品にしています。」

丹羽さんの絵は、一見すると筆で何色も重ねて描いたように見えますが、実は筆は一切使っていないとのこと。
何を使って描いているのか訊いたところ、一枚の新聞紙を細長く折って筆代わりにして描いているのだとか。
折った新聞紙の先っぽに水を含まない絵具をつけて塗った後に、水を含んだ絵具をつけて塗ってみたり、キャンバスに絵具のついた新聞紙を叩いてみたり、色んな描き方を模索しているようです。
「人がやらないことをやると新しい発想が生まれるんですよ。デッサンも大事だけど、それとは別に感性だけで描くことも大事ですね。」
――なんとなく大切なことを教わったような気がします。

作品と丹羽良勝さん

作品と丹羽良勝さん

「生命の連続性」丹羽良勝 作

「生命の連続性」丹羽良勝 作

4,5年で松戸市美術会員になった作家さん(洋画)

こちらの作家さんは、定年後から絵を描き始め、たった4,5年で、この展覧会最高峰の市展賞をとり、松戸市美術会員になられたとのこと。
そこで、どうしたらそんなに早く上達するのか、作家の森嶋正道さんご本人に聞いてみました。

「上達のコツ?それはね、良い先生に習うことと、機会があれば出展することだよ。上手くなってから出そうって思っていたら上達しないからね。たしか、徒然草にもそう書いてあるよね。」
――なるほど、下手なうちでも恥を恐れず経験を積むのが大事なんですね。
「あとは、良い絵を見ること。大きな展覧会や公募展を見てみると良いよ。」
――目を肥やすことも大事なことのようです。
――私も、沢山良い文章を読んで、失敗を恐れず発信していこうと思いました。

「ダーツと烏瓜」森嶋正道 作

「ダーツと烏瓜」森嶋正道 作

以上、4名の作家の声をお届けしました。
他にも、魅力ある作品がたくさん展示されております。
みなさんも、この「松戸市美術展」で、作家一人ひとりが丹精込めて作った作品たちにぜひ、会いに来てください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

第56回松戸市美術展覧会 詳細

  • 会期:12月7日(火)~12月19日(日) 10:00~18:00
     ※12月13日(月)は休館、12月19日(日)最終日は~15:00まで

    会場:松戸市文化ホール(松戸市松戸1307-1松戸ビルヂング4F)
     (松戸駅西口から徒歩4分。駐車場ありキテミテマツド)

    観覧料:無料(会期中、どなたでも自由にご覧になれます)

    主催:松戸市教育委員会 松戸美術会

    問い合わせ:松戸市文化ホール 047-367-7810(生涯学習推進課)

    ※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため変更又は中止となる場合がありますのでご了承ください。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミン村島由夏

生まれも育ちも出会いも住処も千葉県松戸市出身の松戸ラヴァー。実際に見て、行って、体験して、良いなあ!誰かにおすすめしたいな!というお気に入りスポットやお店、イベントなどを中心に記事を書こうと思います。

north