【ウラカシ】人生をより豊かに。~セレクトショップ iii3~

こんにちわ!新しいカタチの商店会“ウラカシ百年会”事務局長のコスキマーです。
本日ご紹介するのは、ウラカシ百年会 2代目会長田中さんが展開するセレクトショップ、iii3(アイスリー)とiii3-2。国内外からのデザイナーズブランドを多く取り扱い、全国からファッションや流行りに敏感な人が訪れるショップです。

コンセプトを知ると見えてくる、iii3のメッセージ

店内に入ると、白を基調とした店内に洋服やバッグ、指輪や財布、そして香水など様々なアイテムが整然と並べられています。【「生まれたモノには意味がある」をテーマに、モノの意味・本質を理解し提案すること】をコンセプトに掲げているiii3。その想いはいつもブレることなく、店内の隅々から感じ取る事が出来ます。どのアイテムも埋もれることなく一つ一つにスポットライトが当てられ、そのモノが一番輝くディスプレイ方法で置かれていてなんだか商品が誇らしげに見えます。

また来ようと思わずにいはいられない、身近なセレクトショップ

店内の雰囲気もさることながら、スタッフの方は本当に中毒性があります。丁寧でいて親身、このバランスが絶妙で心地が良いのです。通常、デザイナーズブランドを取り扱うセレクトショップは、その洗練された雰囲気に入りづらさを感じてしまうこともありますが、iii3はむしろ気軽に立ち寄ってしまう友達の家といった不思議な力があります。

2021年には待望の2号店iii3-2(アイスリーツー)がオープンし、本店は国内ブランド、iii3-2は海外ブランドとレディースをメインに取り扱い、ブランド展開数は両店で60超えという豊富さ。本店から2号店まで徒歩数秒といった近さで、気軽に行ったり来たりとiii3のハシゴも出来てしまいます。

【周りにおしゃれと思われたい】、【それ何?と話題のネタになるアイテムが欲しい】といった日常から
【ここぞという時の勝負服】、【センスが求められるプレゼント選び】などのイベント毎まで。こんなものが欲しいとスタッフさんに伝えれば自分よりも真剣に悩んでくれる、そんなお店です。

ウラカシ百年会2代目会長【田中 庸介】

私が田中会長と初めて出会ったのは、2018年の1月。ウラカシ百年会という会を作ったから入らない?と誘ってくれたのが田中会長でした。ロシア人が被っているような帽子、若い見た目に反して経験豊富な雰囲気、凄まじいトーク力でこの人はきっとすごい人だ、と心の中で思ったことは忘れられません。
ウラカシ百年会立ち上げ直後でほぼ毎日のように顔を合わせ、田中会長の小さなことにもとことんこだわる力や才能に圧倒されながら、いつの間にか4年が経ちました。

店外の備品を拭く流れでスタッフの自転車を磨く自然な気配りや、会長として表に立つ前の日は緊張して眠れないという繊細さ、面白いことへの執着を感じるほどの集中力、iii3はそんな田中会長の分身だと思えてならないのです。

iii3は知ってるけどまだ行ったことがないという方、これを読んでちょっと行ってみようかな?と思ってもらえたら嬉しいです。

iii3 オンラインショップ

  • 店頭に行けない方はiii3オンラインショップへ

iii3 Instagram

iii3-2 Instagram

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ウラカシ百年会事務局長コスキマー菜緒

全国初!?エリア型商店会【ウラカシ百年会】にて事務局長を務める。 本業ではwebデザイン会社Koskimaa Designを夫婦で立ち上げ、柏を中心に様々なwebサイトを手がける。

north